スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の雪は凄かった。。。。

 いや~昨日は関東地方雪が凄かったです。
2月29日って事は例年だと3月1日ですから、完全に暦の上では春なのに。。。
でも、何故か関東地方は、3月に雪が降ると凄くつもるって思うのは私だけ??

そんなこんなで、昨日は電車での移動はかなり効率が悪い場所を、3件ほどはしごをしないと
いけないので、ピー蔵での出動が理想ですが、家の前でも結構道白いし、一度駐車場から出して
見たら、完全に空転で押して駐車場にお戻り頂いた(笑)

さて、もう残る手は一つしかありません!
今さらスタッドレスへの履き替え・・・・・・・・・今日は3月、昨日はうるう年の2月最終日(笑)
雪の中、ベランダからジャッキを出し、これまたベランダにあるタイヤラックのタイヤを4本
1本ずっつ担いで降ろし、せっせと雪まみれに成りながらの交換です。



001.jpg 



購入後3年間1度も使わなかった、8部山の中古ブリザック!4本7000円也(ホイルは別)
スタッドレスは1シーズンでとか、良く耳にしますが私の実績としては、過去にインプレッサとレガシーで
12年履いた経験があるので、全く心配はありませんし12年目のスタッドレスはスタッドレス限界サインも
軽く超えていましたが、スキーに行った経験もあります。

っと書くと大丈夫なんだと思うかもしれませんが、大丈夫ではありませんので念のため(爆)
フルタイム四駆と、滑る事を前提に走っての事ですから、勘違いされないように(笑)
それでも、ノーマルタイヤとは比べ物にならないグリップ力でした。

今回の中古タイヤは中古自体初めてだったのですが、山は8分。。。。購入時で6年落ちって事は
今年9年目ですが、十分グリップして、あえてフルブレーキを踏みましたが、そこそこ止まる感じなので
大丈夫なようです。

で、30分ほどで4本を換えて出発したのですが、家の前から少し太い道に出ると路上に雪は無し
でも、昨日は裏道を走らないと駄目なので、念のため換えたのですが、それが大正解!

トンネルと抜けると・・・・・・ならぬ一回曲がるとそこは雪国でした(爆)
完全に一瞬、都内を走っている事を忘れかけました^^

後はいつ夏タイヤに戻すか・・・・・・まだ一雪降るかな~???
スポンサーサイト

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

クーラガス圧調整とタイヤ交換

今日は午後からの撮影なので、午前中に前回新しく入れた、ハイドロカーボンエアコンガスの圧力調整と
仕事の合間でタイヤ交換をしてまいりました。

まずはクーラーですが、このHC(ハイドロカーボン)はガス圧が微妙で、因みにサイドグラスは断続的に
白く濁って泡が通過するのが正解だから、余計に読みずらいガスと言えます。
R12だとゲージ見ながら、サイドグラスを確認して、泡が少し通過するぐらいで、だいたいOK何ですが
ガス圧も、R12と同じと説明には有るのですが、全然冷えずなので、かなり多めに入れていました。
サービス缶のスペアーも1本有るし、排気放出OKなガスですから、思い切って抜いてみました。
抜いては、吹き出し口の温度を測って、また抜いてを繰り返すと、温度が下がってから上がるポイントが
見えてきましたので、抜いた分を新たに補充して、丁度良いガス圧に調整しました。


外気温はこんな感じ
P1000088.jpg 


アイドリングでの温度は
P1000085.jpg 

十分すぎるほど冷えてますが、この数値はしばらく走向をした後の数値で、クーラーが完全に暖まっている
状態からのアイドリングだと、このガスは冷えが悪いようで、1500回転で14度ぐらいでしたが、20分ほど渋
滞無しでスムーズに走向が出来て、クーラー自体が冷えてくるとよく冷えるようです。
良く分かりませんが、感じとしてはガスが一度ちゃんと冷えてくれば、その後の効きは良い感じ??
そんな事が有るのか分かりませんが、イメージはそんな感じです。

因みに時速50Km/hほどで、順調に流している時の吹き出し温度はこれ↓↓↓








P1000089.jpg

一瞬3度まで下がったんですが、多分誤差だとおもいます。
かなり冷えますが、作動直後の温度が気になる所ですが、ま~良い感じかな??って感じです。
クーラーはこれで、しばらく様子を見てみますので、また何か有ったら、書き込んでみたいと思います。

今日2個目のイベントはタイヤ交換。。。。。。。。。。
先日の洗車で、リアタイヤの片べりがちょっとやばそうな感じでしたので、オークションでポチッと押して激安
タイヤを購入・・・・・1本2250円也!2本で送料込み5500円(笑)
因みにレガシーを乗っていた時は、225/45R17で16000円だと安い!と思った物です。。。1本で(笑)
せっかく安く購入出来たのに、組み替えが高くてはガッカリなので、ネットでグルグル探すと有りましたよ~
1本1200円で、廃タイヤまでの込み込み店!

P1000091.jpg


今回お世話になったのは、ヴェルテックオートさんで、作業して頂きました。
元々フロントに付いていた、タイヤが空気圧が低すぎで片べりを起こした物をリヤに持っていてたんですが
そろそろワイヤーが出てきそうな気配だったので、急遽交換となりました。

当然ニュータイヤはフロントに戻しての装着で、程度の良さそうな廃タイヤをスペアータイヤに廻してと色々
作業をして頂きました。。。。
多分スペアータイヤは30年以上物で、少しこするとサイドのブロックが取れました(怖)
作業自体は30分ぐらいだったと思うのですが、車談義が始まって気が付けばだいぶ立ってしまいました。
お忙しい中、手を休ませてしまい失礼致しました(笑)

これで、またしばらく安全に、涼しく過ごせそうです。






テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

初の中古タイヤ

今回始めて中古タイヤを購入してみた。

今までタイヤ、ホイールは新品しか、買った事がないですが、購入にはそれなりの理由が。。

今回買ったタイヤはこちら。

PB020892.jpg

 もうそこまで冬が来ているので、冬タイヤのスタットレスタイヤを購入してみた。

スタットレスを中古で???と思われる方は多いと思いますが、それなりに理由があります。

購入したのはBSのブリザック。。。。。このタイヤはセリカを乗っていた時からずっと使って

いるからかれこれ、17~8年(よく考えたら20年でした)使っており、雪道、アイスバーンには

絶大な信用をおいている商品で、某Yタイヤの宣伝部の人も10年以上前の話しですが、

その実力は悔しいけどかなわないと言わせるほど。。。。

今は性能もだいぶ上がっているはずなので、性能差も無いとは思いますが。。。

今回のタイヤは6年落ちの代物で、山は9分で価格は送料込み7000円。。。

一本じゃないですよ(笑)4本で7000円。

通常一本5~6000円で販売している物です。

それにしても安い。。。今までのレガシー、インプレッサに付けていたのは1本20000円はしていました

ので、半分以下は助かります。

では何故中古を買ったかというと、今までにセリカ、インプレッサ、レガシーとハイパワー四駆を

3台乗り継いできましたが、購入した冬タイヤは2セットのみ。

今でこそスタットレスは、毎年交換しましょうみたいな話しは、当時はあまり無く、古いのは

性能が落ちるから、早めに交換しましょうぐらいの感じでした。

セリカとインプレッサはサイズが違うので、そこで買い直しましたが、レガシーとは同じ。

使い回しが出来るわけで、当然使い回しました。

ピー蔵を買った前の年に春にスキーに出たのですが、春なのに雪が予報されていて

急所スタットレスに買えようとタイヤを確認すると、スタットレス使用限界を超えておりました。

PB020881.jpg   PB020882.jpg

少し分かりづらいですが、左の写真センター当たりに有る縦溝に対して横にラインが有るのが

スタットレスの使用限界で、ここまで溝が無くなると、スタットレスとしては使えませんってマークです。

右の写真が、通常のスリップマークで、これ以上は夏タイヤでもダメですってマークです。

使用限界は超えていても、夏タイヤよりましだろうと、交換をしていざスキーに

予報通り3月末なのに大雪で、かなりビビリながら走っていたのですが、普通に走ります。

スキー場の駐車場ががら空きだったので、ブン回してみましたが、軽くテールスライドするぐらいで

かなりい良い。。。。。。12年目のスタットレスで使用限界を超えているのに!

新品時に比べれば、ゴムも硬くなってグリップ性能は多少は落ちているのでしょうが

12年も使って、限界を超えてるタイヤで走れるのだから、中古でも問題ないでしょうって話しに

なるので、今回の中古を買ってみました。

 

ホイールはバンプラ純正の、鉄チンホイルを以前オークションで、手に入れた物を使用ですが

厳密に言うと、このホイールはMk-2以降の物なので、ホイールサイドに空気取り入れ口というのか

穴が空いているタイプですが、Mk-1は穴が空いていません。

後にオークションでMk-1用がでていましたが、すでにこちらを買っていたのでパスしました。

PB020877.jpg

 ホイールには刻印がされていて、「4Cx12x59.5」という事はサイズのようで4CのCはなんだか

分かりませんが、4穴って事で12は12インチで、最後の59.5はオフセットだと思います
4Cx12x59.5は今風に書くと、4J12と同じでJがCになっているだけだそうです。
因みに4インチ幅でホイルリムのフランジ形状がC12インチオフセット59.5になるようです。
現在のホイルはJ規格が一般的ですが、Aから存在するそうで、アルファベットが上がるほど
性能が上がるそうです。

ついでにもう一つ刻印で、

PB020879.jpg

ダンロップの刻印と意味不明な912。。。。。4本とも同じなので、商品番号か何かでしょう。

 

又雪にはほど遠いですが、今日あたりから寒くなってきたので、雪が降ったら又レポートを

してみたいと思います。

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年51才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツイン(現在ウェーバーに戻った)と言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示