スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラッチパイプ

今日で2月も最後。。。。もう春になりますね。

 

さて、前回のブレーキチューンで、見栄えが悪い箇所が出てきたので今回はそこを整えてみました。

表題の通りクラッチレリーズパイプの取り回しなんですが、現状だとブレーキパイプに知恵の輪状態

で、配管されてしまうので、少し整えてみました。

P1291938.jpg

ブレーキパイプと知恵の輪です。

 

これを迂回させたりするには、パイプを新たに作れば良いのですが、せっかくだから前から興味が

あったこちらに交換しようと、安かったので購入してみました。

 

P2181949.jpg

今回購入したのはステンメッシュのクラッチホースです。

 

作業は簡単で、今付いている金属パイプとゴムホースを外して、マスターシリンダーとレリーズシリンダー

を直結すればできあがり・・・・・・・のはずでしたが、パイプを外すのに手こずって、結構時間が掛かって

しまいました。

P1000060.jpg  P1000061.jpg

やっとの事でパイプとホースを外す事が出来ました。

 

後は購入したステンメッシュホースを、繋いでエア抜きをするだけですが、長さが結構長いので取り回し

をどうするか。。。。悩んだ末にこんな感じに・・・・・・イマイチ格好良くない(笑)

P2211984.jpg

ペダルタッチが変わったかと言うと、ほとんど変化無し。。。見栄え優先って感じですが、元々付いていた

ゴムホースよりは、遥かに耐久性はあるでしょうから、長持ちするって事でよしとします。

 

見栄え優先ならおすすめしますが、タッチがどうのという方は、あまりおすすめ出来ないアイテムです(笑)

 

 

スポンサーサイト

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年50才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツインと言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示