スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

っと言うことで

っと言うことで、ピー蔵は今年2回目の死亡をしたのですが、翌日にはこんな姿に・・・・・























PC232542.jpg


で、もっとばらすと今回の死亡原因が分かってきました。


PC232543.jpg


パカッと蓋を外すと、なにやら黒こげ部分が・・・・・・やはりこれですがって感じです。

PC232544.jpg



お見事までの3-4番間のガスケット抜けです。。。。。これでは完全に2気筒になってしまうので
走らないのも納得(涙)
なんで、抜けたかは、色々な原因があると思うのですが、確定要因は分からずじまい。
でも、可能性としては

1・元々ガスケットが粗悪だった
2・燃調が薄すぎ
3・1番シリンダーがオイル上がりしているので、負担が掛かった
4・ツインキャブの左右バランスが悪くて、負担が掛かった

この中で3,4番は可能性有りで、4番は修理完了時に調子が悪かったので、調整をした時に結構
ずれているのを発見&調整。
2番に関しては、これ以上濃くすると、カブって走らないので悩み所・・・・・・

理由は良く分かりませんが、対策として圧縮を下げて、抜けにくいガスケットに交換する必要があると
言うことで、部品屋さんに相談したら、ノーマルより多少厚みがあって、抜けずらいだろう商品があるとの
事なので、迷わずその商品を発注。

翌日届いたのがこれです。

PC232547.jpg PC232551.jpg


mini spares製のブラックファイバー複合物で出来ていると言う、何とも強そうなガスケットをチョイス!
信用度は分かりませんが、謳い文句ではノーマル、メタル、カーボンに満足出来ない人用らしいです(笑)

で、ヘッドをはぐっているついでに、こいつも交換

PC232552.jpg
PC232554.jpg 

エンジン後ろ側の、エンジンマウントがグジャグジャだったので、ついでに交換です。

交換前はこんな感じで完全に切れてます。
PC232546.jpg 


っと言うことで、年末の入り用の時期に、痛い出費でしたが立ち往生から24時間少々で復活です。
でも、さすがに年に2回もヘットはぐるのは、めげますね・・・・・・・(涙)
















 
スポンサーサイト

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年50才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツインと言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示