ディスプレッサー補修用ホース販売開始

  気が付けば40000アクセスも一瞬で通り越して40097でした^^
どなたが踏んだか知りませんが、最近ディスプレッサー関連の話を書いているので
アクセスが多いみたいです。

さて、前々回の記事にも追加記入で書きましたが、いよいよ値段も決まりディスプレッサー補修用ホースの
予約販売がスタートしました。

ADO16掲示板の有志の仲間で、共同製作をを開始したディスプレッサー補修用ホースですが
加工賃も20個以上加工という事で、抑えてもらいリーズナブルに出来る事が出来ました。



 P5233464-3.jpg 



写真右上のネジが切ってある物が、今回のプロジェクト最大の目玉で、これをディスプレッサーにネジを切り
ダイレクトに接続することで、ホースを補修するというものです。
このディスプレッサー側金口を持っていれば、ホースのトラブルが多いディスプレッサーもほぼオリジナルに
近いと言うと語弊がありますが、オリジナルとほとんど同じ機能まで回復出来るものです。

それと、写真左下の銀色の丸いものは、オリジナルのボディー側金口をホースにカシメ止める為のソケットで
こちら側を日本で修理する場合は、エアコン配管用のアルミソケットを使うケースをよく目にするので多いよう
ですが、カシメ(つぶす)ポイントが少し点状だったりして、こちらのソケットの方が強力に止められそうです。
こちらのソケットも、既存の製品を加工して、オリジナルのボディー側金口で使用できるようになっています。

なんで今回有志まで集めて、こんな企画を進めてかと言うと、下の写真を見て欲しいのですがボディー側金口
は再利用するので、通常このようにサンダー等でソケットに切り込みを入れて、ドライバーで少しずっつ開いて
いきホースをこじって外します。





P5233463.jpg 




で、普通はスポッと抜けるわけですが、上の写真はフロント側のものですがこじって行くと・・・・・・・・・・





P5303504.jpg 



バラバラになりました。。。紙みたいに。。。。。。
表面は頑丈なのですが、中のゴムホースは炭化してボロボロです。


P5303508.jpg 




こちらはリアのホースで、以前に外したものですが、多少裂け目はありますが綺麗に抜けています。
お気付きの方もいるかもしれませんが、上の写真ホース先端が少し下側とテクスチャーが違うと思いますが
これは、カシメ用ソケットの内部に隠れている部分で、ホースは何層かの層になっているのですが外装皮膜
を削り取り、ソケットに収まるようにオリジナルは作っているようです。
外装皮膜は凄く丈夫で、ホースを曲げても切れることはありませんが、削り取った内部のゴムが弱っていて
漏れの原因になっている様です。

こんなボロボロの取りあえず、形だけとどめているホースのサスペンションで、今まで走っていたわけです。
しかもホースはパンクして新品に換えたけど、ディスプレッサー側は水道用に毛の生えたぐらいのホースバンド
で、止めているだけの状態で、たまに抜けた経験のある方もいると思います。

今回今現在で25個ほどのオーダーが入りましたので、安く作る事が出来ましたが
お値段は

ホースまで加工して1本5500円金口のみ1本分3500円です(もうこの価格では作れません)
追記:1台四輪分のみ対応で、2015年現在、金口のみ32400円 ホース加工は一輪分で+2700円です。
スペアー用などで5〜6輪分欲しい方は、対応可能です。(最小ロッド4輪分です)
納期は2ヶ月ほどですが、製作会社のスケジュールで3ヶ月ほど掛かる場合もあります。


それで、結構勘違いされている方が多いので今回書いておきますが、まずは車1台分ではなく、1輪分という
事ですので勘違いされないで下さいね。
1台分5500円なら私が飛びついて買います(笑)
4輪分買うとX4になりますから、注意して下さい。

ホース込みと、金口のみの意味が分からない方も多いので説明しますと、下の写真で説明しますが



P5233474.jpg  




上の写真の状態がホース込みの状態です。これがホース込みで1本(写真は前後用2本)です。
この状態にするには、各自で作業が必要で、下の写真で説明しますが


 P5233464-2.jpg 
ボディー側金口(左がフロント用 右がリヤ用)
既存のディスプレッサーホースに付いているボディー側金口をこのような状態にして私に送ってくれた場合に
ホース込みの状態に加工してお送りします。(注入口ジョイントは外す事 一番上の写真参照)
この作業は自分でやるか、ショップ等で取り外してもらう必要があります。

やってくれないの?と思うかもしれませんが、人の貴重なパーツですから、いい加減には出来ません。
でも、アクシデントもあるかもしれません。。。。
私も商売でやっているなら、壊せば保証もしますが保証も出来ません。
なので、各自にお願いしていますが、どうしてもショップでやってくれない等でお困りな方は、相談に乗りますし
私が作業もしますけど、壊したら「ごめんね!」で終わります・・・弁償もしません(笑)

ホース込みの作業が出来る方は、スペアーのディスプレッサー等を持っている方で、現在車に付いている物を
と言う方は、車を不動にしてばらして送るか、金口のみを買っておいて、何かの折りにそれを使って補修する
事になります。

金口のみのセットは、一番上の写真でディスプレッサー側金口とボディー側金口用カシメソケットの2種類
各1個が1セットになります。
これを持っていれば、ホースがパンクした場合にこれを使い、高圧ホース屋さんで作ってもらえます。

後、取りあえず、今回は2個で、次回という話もあるのですが、次回はありません。
在庫もする予定は今のところありません。(商売ではなくボランティアみたいなものですから)
なので、もし購入する方は是非ともディスプレッサー側金口が4個揃う形で、注文して頂ければと思います。
スペアーのディスプレッサーが2個あれば、ホース込み2本と金口のみ2セット。
これさえあれば、後は日本中何処でも修理が可能になります。
  

最後にディスプレッサーへの作業方法を簡単に説明しておきます。




PC173187.jpg P1000119.jpg 




まずはディスプレッサーからホースを、先ほどの要領で外すと、このような状態になります。
今後、この出っ張り部分は使いませんので、切り取ってしまいます。



 P1000125.jpg P1000126.jpg 




こんな感じで切り取って、表面を綺麗にならしておきます。
切り取りサイズは、購入された方に細かくお伝えします。


それで、この切り取った穴にタップでネジを切り、ディスプレッサー側金口がねじ込めるようにします。



P1000128.jpg P1000130.jpg 



こんな感じに仕上がれば、後はホースの金口をねじ込んでディスプレッサーの修理は完了です。
(ネジにはちゃんとシリコンテープを巻いて水漏れも防いで下さい。)




 P5263495.jpg 



後は車に取り付けて、ハイドロ液を入れて車高を調節すれば完成です。


今回の募集は6月一杯まで募集して、7月中に完成出来ればと思っていますが、特注が2個ありますので
納期はもう少し掛かるかもしれません。
この機会に、このプロジェクトに興味があれば参加してみて下さい。

後、料金ですが、先払いでお願いします。
さすがに10万円を超えそうなので、立て替えも厳しいので^^;;


質問があれば書き込みして下さい。
オーダーの方は、一度メールを送って下さい。
このページの左側でメールが送れます。

このプログの意味がいまいち理解できない方は、ショップ等にこのURLを伝えて作業してくれるか
確認を取るのが良いと思います。
プロならすぐに意味が分かると思います。。。。分からないショップは・・・・まずいでしょ~(笑)











テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年51才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツイン(現在ウェーバーに戻った)と言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示