スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇取引でレバーを・・・・・

後いくつ寝るとお正月~♪♪
と、今年も後わずかになってきましたが、そんな中すでに先月ですが、赤影さんと用賀のとある黄色い
ファミレスで闇取引をしてまいりました。

P1000093.jpg  


怪しげな駐車場に駐車して、取引をしてきましたのはこれ↓↓↓↓↓↓↓↓











PB052528.jpg


これ、バンプラと言うか、このシリーズのMk-1にしか使用していないウインカーレバーで通称ホタル。
何でホタルと言うかと言えば、黒い部分の先端がウインカーのインジケーターになっていて、作動すると
ここが緑色に光るさまをみて、そのような通称が付いたのでしょう。

ウインカーのレバーなど普通壊れることも無く、取り替える人も少ないと思いますが、この黒い部分の材質が
悪いようで、使用している当時の物で黒い状態で残っている物は、まずないと思うぐらい色抜けがひどくて、
茶色い半透明になってしまいます。
ま~それも味と言えば味ですが、私はみすぼらしいと思い、購入後すぐに黒く塗装していたのですが、素材の
劣化もひどくだいぶひび割れで、画像で分かるかと思いますが、縦スジが何本も。。。。。

PC012532.jpg


ひび割れだけなら、パテでも盛って綺麗に馴らして塗装すれば終わりなのですが、このレバーにはもう一つ
難点があり、左側にレバーも持って行き、交差点を曲がって自動でリセットするまでは良いのですが、その
反動で右側に行ってしまいウインカーが点いてしまいます。

PC012533.jpg
若干削れている部分があるので
それでストップが効かないようです

色々直そうと試しては試してみましたが、ほんの数日良いだけで、すぐにダメ。。。。
それで、やっと重い腰を上げて昨日交換作業となりました。

交換前に新旧を比べてみると、多少の違いがあることが分かります。
一応当時物と言うことでBMLCの箱入りでしたが中については、もしかすると新しいかも?と話しはありました
ので、もしかすると今売っているリプロ品かもしれませんが、私は全然こだわらないのでOKですけどね(笑)
 
PC012535.jpg PC012534.jpg
若干配線の取り回しや、アースと思われる線も付き方がだいぶ違いますし

 PC012536.jpg
ネジも元々点いている方がマイナスで
今回の物がプラスネジになっています。

さて、交換自体は至って簡単で、配線を8本入れ替えるだけで、レバー側に付いている配線と同じ色にボディ
ー側はなっているので、入れ替えるだけですが、狭い場所なのでそれなりに手こずります。

PC012537_20101205174743.jpg  PC012538.jpg

完成の写真を取り忘れましたが、問題もなく作業自体は15分ほどで終了。
新しいレバーの感想は、やはり若干タッチが違います。

レバーじたいの長さが、もしかすると若干短いようで、今までと感じが少し違う感じがするのと、移動角度が
新しい方が少し、狭いようです。
この、角度はすり減って、変わっていた可能性もあるので何とも言えませんが、タッチはしっとりしていて
今までのスカスカな感じは全然無く、とても良い感じです。

これで、ウインカーレバーだけは後40年は使えると思いますが、ボディーはその頃には土に還ってるかも??









テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

赤影さん

なるほど~モールド付いていましたか。
そこまで確認しましたが、外したのをよくよく見ると小さく書いてありますね。
確かにルーカスは後年のものは簡素化や、流用が多いですからミニ用などの
流用部品で組み立ては可能性ありますね。

Re: No title

ファンダンゴさん

そうなんです、赤影堂発信です(笑)
ウインカーってつまらないパーツですけど、イライラしますよね!

No title

ルーカスパーツも後年には大分改良や簡略化や材質変更が行われてますものね。

ソイツは少なくも樹脂部分にルーカスのモールドがありますから、
H社で扱ってるリプロとは違うはずです。

アームの長さは後年のアフターパーツ用に供給されたものは、
例えばモーリスマイナーやミニと共用化された可能性は高いですね~。
プラスネジや配線も然りでしょう。

No title

レアなパーツはやっぱり赤影さんと取引きですか。
以前の車は爪が折れちゃって、手戻しウインカーでストレスでしたから、気持ち分かります。
スッキリですね。
プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年51才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツイン(現在ウェーバーに戻った)と言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示