スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バキューム進角

先日の雪は凄かったですね。。。。さすがにピー蔵も今年はスタッドレスかと思って翌日早起きをしたのですが
期待はずれで、雪は跡形も無し(笑)
一応スタッドレスは持っているんですが、購入後かれこれ2年・・・・・履く機会未だ無しでした。

さて、今日は前から気になっていたことを、チャチャっと片づけてみました。
ピー蔵は以前ウェーバーを装着した際に、バキューム進角を外して、点火時期を20度ぐらいに設定して進角
無しにしたのですが、デロルトに変えてもそのままで、進角度合いは今までのヘッド周りのトラブルで大事を
取って、15度ほどにしていたのですが、やはり進角をさせた方が良いのでは??と思っていたのですが、
最近の寒さにめげて、作業はお預けにしていたのですが、今日は仕事も速く終わったし、暖かかったので
重い腰を上げて作業をしてみました。


ヒーターコックの横にあるのが進角用バキュームパイプで、SUキャブに付いていた物をバラして使っています。
旧型のバキュームパイプには、何のためにあるのか分からない、タンクが付いています。

P2162575.jpg
一応抜け止めでビニールテープで留めてみたり

で、点火時期をデスビを回転して、調整して終わりです。
点火時期は規定では、600rpmで7度が規定ですが、600rpm10度に設定して、このまま通常のアイドル
回転の1000rpmでの測定値が、13度ぐらいになりました。

点火時期の設定の時、完全に写真を撮るのを忘れていたので、写真がないですが・・・・・



















テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

URAさん
あはは・・・・マジで言ってるのかと思いました(爆)
でも、バキューム繋いでも、いまいち違いが分からない鈍感な私(笑)
エンジンには優しいと思いますから、良しとします!

No title

ばきゅうむ?何それ?
ってぐらいバキュームには縁がないわたしです。
前はやはりDCOEだったし、今はSUでもアルドンのデスビなんで付けようにもダイアフラム自体がない…。
出来ればあった方がよいのでしょうね。
プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年51才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツイン(現在ウェーバーに戻った)と言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示