スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキフェード

連休もすでに後半戦で、世の中の人は復興支援で国内旅行に結構出ているようで日本人捨てたものじゃ
ないな~と思っておりますが、私も復興支援のほんの少しでも担えるように、長野の車山高原まで連休
前半に出かけてまいりましたが、普段の行いが悪いのか雨で、強風・・・・写真も1枚も撮らずで食って飲む
だけの旅となってしまいました。

そんな折に、山道はスイスイ快調で、ぶっ飛ばしても答えてくれるピー蔵ですが、やつの苦手は下り坂・・・
オイル上がりの激しい1番ピストンは、平地で走る分には上がったオイルは燃焼してしまうのでさほど問題
では無いのですが、問題は下り坂・・・・・
エンジンブレーキを使い、しかも高回転まで回りますので、燃焼室はほとんど燃焼しませんのでプラグは
オイルでベチョベチョ・・・かぶって3気筒になってしまいます。
3気筒になるのを少しでも避けようと、今回は1速高いギヤーで走行していたのですが、よく走る箱根とは
違い、下り出すとずっと下界まで下り坂。
箱根とかだと、適度に下ると少し登って、また下っての連続などで、激しいエンジンブレーキを使っても
アクセルONで一応燃焼室のオイルは燃やせるので、かぶる事は無いのですが、車山では行きにすでに
1回かぶらせているので、緊急避難で1速高めにしたのですが、見事にフェードしてしまいました。

DSCF1853.jpg
 DSCF1852.jpg

一応TAROXのスリットローターに、EBCグリーンパッドを装着しているピー蔵ですが、やはりローターが
ソリッドだとココまで、耐フェード性が悪いのかと、思うほどあっさりフェードしてしまいました。

この組み合わせでの、フェードですが一気に来ます。
ベンチレーテッドディスクだと、少しフェードしてきたな~って思ってからしばらく間があるので、その間に
冷ますなり、色々対処が出来るのですが、今回は??フェイドしてきたなと思った後の3回目ぐらいの
ブレーキで、ロック出来ないまでにズルズルになってしまいました。
幸い対向車で大型トレーラーが、下から上がってくるのが見えたので、減速中にすれ違い際に少し強めに
踏んだら、全然止まらない状態だったので、問題はなかったのですが、久々にフェードさせてしまいました。

それで、結局1番ピストンは見事にカブリ意味のないフェードとあいなりました(笑)


テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ファンダンゴさん
一度経験しておいた方が良いですよ~
死なない程度ね(爆)

No title

怖いですね。
出来れば味わいたくない恐怖です。。

Re: No title

URAさん

写真の焼き上がりは今回のじゃないんです(笑)
でも、開けたらこんな感じかも・・・・ちょっとタッチが甘めだから。

No title

見事に焼き上がってますね~。
お~コワッ。
プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年50才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツインと言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示