スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキマスター交換・・・・・・・

昨日梅雨の晴れ間を利用して、早速到着したブレーキマスターの交換をやってみました。
作業自体はポン付けなので、大体30分も有れば交換作業は終わりで、交換よりもブレーキラインの
エアー抜きの方が時間が掛かるぐらい・・・・ガレージジャッキで車上げて、タイヤ4本外してエアー抜いて
タイヤ4本又付ける。。。馬がないので、後ろ2本作業したら前2本って感じになるので面倒・・・・

早速作業に取りかかって、まずはラインの切り離し。


P6152793.jpg 



こんな感じで配管を切り離して、マスターシリンダーを取り除きます。


P6152796.jpg 


こんな感じで取り外しますが、ココまでの所要時間はわずか5分弱。。。この調子で行けば15分で終わる
勢いですが、今回はこの大きな穴を少し拡大します。
前回取り付けた時は、そのまま少し強引に取り付けたのですが、シングルマスター使用車とタンデムマスター
使用車ではココの穴が若干違って、タンデムマスターの方が若干太くて室内側のゴムが少し潰れる感じで
絞め込んで取り付けていたので、今回は少しグリってあげる事にしました。

作業は簡単ドリルの先に砥石を付けて、ひたすら削るのみ・・・・・・・



P6152798.jpg



こんな感じで削って、何度かフィッティングをして、少し硬いですがあまり削りすぎもよくないので適度に削って
止めておきました。


P6152797.jpg



分かりづらいですが、ピカピカになっている所が削り取った部分で、ココまで来れば後は取り付けのみ。

新旧比べると、古い方の汚さが凄いです。



P6152795.jpg




同じものとは思えないほどの汚れですが、タンクに関しては色が染みこんで洗おうが何をしようが落ちません。
で、後はササッと取り付けてと。


P6152800.jpg



ココまで穴の拡大の作業をしても30分ぐらいの時間でしょうか、いとも簡単に取り付け完了。

これで後はラインを2本繋げてエアー抜きのみはずだったのですが・・・・・・・・・・・


ピー蔵はやはりただ者では無かった!、、、、、、、、、、、、、、つづく









テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ただで起きない方が

マグちゃんオーナーさん

かなり楽しい!
完全にMですね~旧車乗りは(爆)

Re: No title

のすひろさん

まったく同じものなので角度は同じなんですよ^^
でも、イギリス品は、有りそうですよ。。。同じ物なのに角度違うとか(笑)

ただで起きない方が

楽しいでしょ?(笑)

No title

フレアナット取り付け部分の角度が違って
クラッチマスターにあたる??
プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年51才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツイン(現在ウェーバーに戻った)と言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示