スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジン掛からん・・・・・

梅雨明けしたようで、もの凄い暑さになってきていますね。
電気は充分余っているようなので、無駄な節電は止めて、身体のためにエアコンは使った方が
後々宜しいと思う私は、エアコン掛けまくりです(笑)
でも、電力会社もやらせメールやら、消費量(電気予報)の誤魔化しなど、すぐばれることなんで
するんですかね?
それにしても、工場が土日に稼働するだけで、これだけ電力が平均化されるんですね・・・・
これだけで、一般家庭の節電は意味がないそうですが、無駄に使うこともないですけどね(笑)


さて、前回の続きですが、ディスプレッサーの交換から、なぜかエンジンが掛からない症状が出てきた
ピー蔵ですが、コイルの+側が断線しかけていて、リークしていたりを修理見事復活!
取り合えず、エンジンも掛かり、帰途についたのですがバキューム進角を殺したり色々エンジン復旧で
やっていたので、パワーが全然ないので、途中でバキュームを繋げる作業をしたら、またもやエンジンが
掛からない症状が発生・・・・(涙)
リークは直っているし電圧も掛かっている。。。。さて困ったと思っている時に思い出した。
復旧作業をしている時に、コイルの+にリークしていたんですが、その時にデスビに伸びるコードは外して
いたので、そこからコイルの+にリークした後にエンジン始動成功していたのを思い出し、ならばと同じ状況
を作ろうと、コイルからデスビに伸びるコードを外して、イグニッションON。
派手に火花がちりましたが、それで、コード類を元に戻しもう一度エンジン掛けると、あっさりエンジン始動(笑)

フルトラの仕業なのか、コイルの仕業なのか分からないが、切っ掛けを作ることで復活したようなイメージな
ので、まずは安いコイルからと、ずっと気になっていたコイルをネットで購入してみた。







P7082886.jpg 



今回手に入れたのは、MSDのブラスター2と言うコイル。
二次電圧45000Vとパワーがありそうで、気になっていましたが、これを機会に購入してみました。
お値段6000円弱で、注文から到着まで11時間・・・早いです(笑)

内部抵抗が低いコイルなので、付属の抵抗器をかまして1.5Ω・・・・・フルトラの最低抵抗値が1.5Ω
なので、ピッタンコですので、問題なし。


P7082887.jpg



今まで使っていたルーカスのゴールドコイル。。。。これ、以前にショップで中古を貰ったやつをしつこく2年以上
使っていたので、この辺で引退させてあげましょう。


P7082889.jpg


サクッと付け替えて、完了ですが抵抗器を付けないといけません。
よくコイルの横などに友締めしているのが普通ですが、ちょっと美的にお粗末なので、こんな所に友締めで
止めてみました。


P7082890.jpg


ココは元々、クーラーや、電動ファン、ライトなどなどのアースポイントでココに友締めで抵抗器を付けて見ました。


P7082888.jpg




交換結果は悪いはずもなく、若干ですが低速のトルクが増えたような、増えないような??(笑)
でも、コイルに張っているシール・・・・ちょっと派手でいかがなものかと思うので、剥がす方が良さそうでが
実はこのシール本来は逆さまに張ってあったのを、わざわざ反対に張り替えたんですけどね。。。。。
しばらくこれで様子を見てみますが、ポイント車の方はこのコイルはそのままでは使えないので念のため!




















テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ファンダンゴさん
ちょっと日本に居なかったので、返信遅れて失礼しました^^

同じコイル使っていますか!
でもやはりアメリカ製・・・・オイル滲みますか(涙)
チョコチョコ確認してみますね。

No title

同じコイルですが、横向きにしてたら若干オイル漏れがあったので上向きに止めなおしました。
と~るさんは蓋を下に向けてますので、たまに蓋をかしめてる所にオイルがにじんでないか見てください。
固体差があるかもですが。 アメリカ製なので念のため。

Re: ああ電気

マグちゃん

いっぱいあるなら並べて鑑賞会しましょうかね(爆)

ああ電気

ウチにコイルいっぱいあります!
プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年51才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツイン(現在ウェーバーに戻った)と言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示