スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アースは大事

三連休に工作でもしようと思ったけど、結局必要な物が届かずでやることもないのでブログの
更新でもするかと思えどネタがない(笑)

っと小ネタを少々・・・・・・・
先日の燃料ポンプですが、ポイント交換後あまり調子が良くありませんでした。
走行中に突然エンジンストール。。。。症状はガス欠。
でも、ポイントは交換したばかりで調子がよかったのに、アンメーターを見ると燃ポン動いてないのが確定(涙)

でもイグニッションを一度切り再度ONにすると勢いよく動き出した。・・・・なんか怪しい。
往復20Kmほど走ったが、3回ほど同じ症状になりかしたが、原因と対処方法が分かっているので、車を
止めることもなく、走行中にイグニッションのONとOFFをして、対処をしていたけど次の日はアクアラインを
使っての鴨川ロケ。。。。。。

アクアラインのトンネルで立ち往生だけは避けたい・・・・・・人も乗せるし!
と言うことで、色々考え仲間に聞いたりしたら、アースじゃない??と結論に達した。

この燃ポン、アースをポンプの外側ボディーにネジ止めするタイプで、前回のポイント磨きでもアースポイントは
磨いていたけど、ピカピカにしたわけではないし、アース線の端子は磨いていなかったので、ペーパーじゃなく
ヤスリでゴシゴシ磨いて、アース線も増設。

結果は上々で、鴨川まで往復200Kmも無事に走破出来たので問題はアースと言うことになりそうです。
ポンプは結構大電流を使うので、IGのON、OFFでドンと電気が流れ少しの間は動いていたようですが
勉強になる作業でした。

今考えると、ポンプの動きも少しおかしかったし、ポンプにエアーでも噛んでるのかな?と思っていましたが
トラブルには必ず理由があると言うことですね(笑)








テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

URAさん
いやはや、本当に基本が大事だと感じました。
キャブとかで、よくやるんですよね・・・突然調子悪くなって
お門違いの所いじるとか(笑)

No title

その通りですね。
原因は結構明確な部分で基本的なことが多いかもしれません。
プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年50才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツインと言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示