スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハザードリレー交換

先日「ブログが先月末から更新してない!」をいわれてしまいました^^
気が付けばもう今月も19日・・・・・最近何かしたかな?と考えたら有りました。

ウインカーのリレーが壊れて、点滅せずに点きっぱなし。。。。
5年で2個が壊れたけど、そもそも消費電力が思いの外大きいハザードなので、ちゃちいリレーを
使うと2~3年で壊れてしまうみたいです。
って事で、今回は安いけど良さそうなものをオークションでポチッとして、交換をしてみました。




P5233471.jpg   




左が今回買った無接点リレー・・・・・・無接点という事で読んで字のごとく接点が有りませんから動いて壊れる
と言うトラブルはないと思いますが、そもそも中国製で500円の商品。。。。信用出来るのか?(笑)

交換と言ってもものの1~2分で、コード外して付け直すだけの簡単作業で完了
P5233472.jpg 



これにて作業終了で、早速使ってみましたが普通に使えています。
ただ、無接点なので、点き消えの時の接点の音がしないので、ハザード付けっぱなしのダサイ車になりがち
なので、気を付けないとです。

で、壊れたリレーを開けて中を見てみたけど、なんか凄く部品点数が少ない構造で、こんなんで1500円も
するはず無いだろ~って商品でした(笑)
P6193538.jpg 



電磁石で点いたり消えたりする構造のはずなのですが、バイメタルなどを使って一定時間で
OFFにするみたいです。

さて、500円で何年持つか?(笑)











テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

赤影さん

中国製は接点段ボールで出来てるかも(爆)

No title

接点式の中国製なんか、新品でもアウトなときあるもの(笑)

Re: No title

URAさん

本当に変なときに壊れますね~
このリレーもバイク&車って事で売ってました。
ピー蔵もバイクと同じで前後に4個しか電球が
無いので、消費電力は安心かな?(笑)

No title

こういう部品って変な時に壊れるんですよね〜。
私はバイク用の500円ぐらいのを使ってます。
プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年50才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツインと言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示