スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マットなピー蔵

マットなピー蔵で実際に見た事のある方は、すぐになんの事を言っているか分かると思いますが
ピー蔵の塗装は多分ですが、ボンネット、屋根、トランクに至っては、オリジナル塗装だと思われます。
オリジナルという事は46年前の塗装。。。。。。果たして保つのかは謎なので真意は分かりませんが
明らかにボディーサイドのドアやフェンダーとは光沢が違います。

当時の車の塗装はラッカーが支流で、今の車より耐久性が有るとは言われていますが、それでも
ザラザラのボロボロで、顔は映りません(涙)。
ザラザラになる原因は、塗装表面が雨風太陽に晒されて酸化して、どんどん艶が無くなって行くわけで
当然手入れの問題も有りますが、家に来たときからすでにガサガサでした。

ガサガサの塗装は塗り直すしか方法がないと、良くいわれていたのですが、ちょっとまった!!!
塗装も厚みが有るので、そのガサガサ分を一皮剥いてあげれば、蘇る可能性は大ですのでいっちょ
一皮剥きましょうという事で、一昨日から少しずっつ作業を進めていますが、昨日は台風の影響で
尻切れトンボ・・・・・雨の中一区切りの場所までやって作業はお預けです。



 P6183534.jpg 



車は小さな車でも結構面積が有るのは、車のワックス掛けでも分かると思いますが一皮剥く訳ですから
ワックスより、力も時間も掛かります。
で、必殺武器!電動ドリル&バフ掛けアダプターです。
左手前に見える黄色いテープはマスキングテープで、電動でビュンビュンやると角は力が掛かりやすく
下手をすると塗装面が無くなってしまいますので、マスキングでカバーをして、後で手作業で軽く磨いて
やるのが、失敗しないコツです。

P6183533.jpg 



途中経過で、手前が磨き後で奥が磨く前。。。。。完全に処置前が白ッちゃけているのが写真でも分かると
思いますが、今回購入したコンパウンドは何を思ったのか鏡面仕上げ用。。。。。
削っても削っても光らない。。。。鏡面用ですから削り巾が極わずかで、時間が掛かりすぎる事がすぐに
判明したので、じゃ~奥の手と・・・・・ピカール登場!
ピカールとは金属磨き用のコンパウンドで、真鍮などを磨くアレです。
注意書きには塗装面には使用禁止となっていますが、それは削り過ぎるからでちゃんと見極めが出来れば
削れる削れるどんどん削れる(笑)

ピー蔵の場合は2回ピカールで磨いた後に、鏡面仕上げ用で1~2回磨けば綺麗になるようですが、ピカール
の使用は気を付けて下さいね。。。まねはしないように(笑)

上の写真がピカール2回終了時ですが、かなり光っていますが少し濁っていますので、これを仕上げで
綺麗にしていくわけです。

P6183535.jpg P6183536.jpg 


鏡面仕上げ用のコンパウンドで2回ほど磨くと綺麗に空が映っています(笑)
施工前と施工後の差が凄い違いです。

取りあえず、この日は天井面だけは95%完成で、日没で終了となりまして、昨日は取りあえずボンネットに
進みましたが、雨で50%ぐらいの磨き込みで終了。。。。。。

先はまだまだ長そうですが、地道に作業していく予定です。





テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 見違えるね!

マグちゃん

そそ、使用前使用後だよね^^
私も以前3○のそばに住んでたけど、そんなサービスはなかったな~

見違えるね!

よくイエローハットとかで、磨き前、磨き後みたいなボンネットおいてあるね(笑)僕は3○のを使ってます。
なんか車磨いていたら3○のひとが試供品です、と置いていきました。家でコンパウンドかけてる人は珍しいみたい(笑)

Re: No title

URAさん

腕が太くなる前に腕が痙攣しています(笑)
結構クタクタですが、やっと気になる3面は見られる形に
なってきたので、細かい所と修正でまだまだ前途多難です(涙)

Re: No title

赤影さん

そうそう、やっと重い腰を上げたのよ^^
おいちゃんにポリッシャー借りようと思っていたけど、よく考えたら
ドリルセット持ってた。

ピカールのメーカーのコンパウンドは結構危険でしょ。。。相当削れる(笑)
ホルツのカラーカットは仕上げに使ってみます。。。まだまだ仕上げまでは
時間掛かりそうだけど(汗)

No title

磨きって体力が結構必要なんですよね〜。
腕が太くなる!

No title

お~!はじめたのね。

ピカールのメーカが出してる安い缶入りコンパウンドが最高です。
これにピーちゃんくらいの場合、ホルツのカラーカットを適量バフに染み込ませて併用すると、
スンバらしく綺麗になりますよ。
(カラーカット使うと、艶だけじゃなく、元色の濃い感じも復活するの)
プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年50才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツインと言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示