スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日の答え!その一

だいぶ放置プレーになっていた、これな~んだの答え合わせその一です。

下の写真のメクラボルトと交換するパーツでした。

 P7280706.jpg 

上の写真右側が仮の姿。

もう何処のパーツだか分かると思いますが、今ホースが繋がっているのは純正SUキャブの

ブローバイを戻す為のホース継ぎ手が付いている場所ですが、繋ぐためのホース径が違うので

邪道繋ぎで応急処置をしていますが、何時抜けるか分からないので今回の継ぎ手を作ったわけです。

P7280707.jpg 

 繋ぐとこんな感じですね。

ホースを繋ぐ前は撮影するの忘れてしまったので、見づらいですがこんな感じになりました。

P7280709.jpg P7280708.jpg

今回作った継ぎ手ですが、普通この手の継ぎ手は、パイプ用のネジが切ってあるのが普通ですが

このインマニはインチサイズで、しかも結構特殊なピッチサイズだったので、探す手間より作った方が

早いという事になった次第です。

これで、バキュームの取り出しが楽に出来ます。

普通はココに繋いでブレーキ用のバキュームを取り出すのですが、今回はココを使ってエアコン使用時の

アイドルアップ装置を繋げたいと思います。

普通SUキャブの場合はアクチュエータを使って、アクセルリンケージを押すか引いて

アクセルを少し踏んだ状態と同じにするのが普通ですが、今回は現代の車と同じように二次エアーを

吸わせてアイドリングを上げる方法としました。

 

少し長くなったので取り付け報告はまた次回にでも! 

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年50才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツインと言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示