スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車載車から降ろしてみれば・・・・・

車載車でのまさかの事故?で、マフラーが落ちてしまったピー蔵ですが、取りあえずエンジンが掛からない
事にはと、デスビ内とプラグコードを全部交換。

まずはコンタクトポイントを軽く組んでおきます。


P9243801_20121009194252.jpg P9243802_20121009194251.jpg 



ポイントとコンデンサー&デスビリードをこんな感じで止めておきます。
止める位置はナットを外して、挟み込む様にしますが、このときポイント側の弓状になっているスプリングと
コンデンサーとデズビリードを接続して、それ以外には触れないようにします。
その為にこのようなブッシュが付いています。


P9243803_20121009194251.jpg P9243804_20121009194250.jpg 


この出っ張り部にコードの端子をはめ込んで、なおかつスプリングの輪になっている所もはめ込んで
上下で押さえてナットをねじって固定すると、真ん中のボルト部分には触れないような構造になって
いますが、どうも資料によると、この出っ張りが昔はもう少し長かったようで、ある程度ボルトをくるみ
なおかつ、今は上下に2端子を付けないとダメですが、昔のやつだと、上側だけに2本入れる事も
出来たようです。。。。。この辺のコストダウンなのでしょうかね?


後は車両に組み込んで、ギャップ調整をしてお終いです。
因みにギャップサイズは、0.35mmほどで、シークネスゲージを使い計ります。

今回のデスビリードは、デスビの側に填め込むのが、相当硬くて最初は間違えたのが来たと
思うほどでしたが、計ってみると若干大きいようで、力業で填め込みました(笑)

P9243807.jpg 

後は蓋を閉めて、プラグコードを交換して、フルトラ用のIGコイルもポイント用の内部抵抗3Ωのものと
交換して、前回配線図通り結線すれば出来上がりです。

緊張の一瞬でキーをひねると・・・・・・・何事もなかったようにエンジンが掛かりました(笑)
後は、点火時期が当然ずれているので、それの調整ですが、600rpmで7度が規定値ですので
回転を絞って、600回転まで下げて7度近辺に合わせます。
目盛りが5,10,15しか刻んでいないので、近辺は結構いい加減です(笑)
あと、点火時期を調整する場合は、必ずバキューム配管は外しておく事が大事です。
これを外しておかないと、後でパーが出ないとか色々な弊害が出てきますので、注意して下さい。

さて、全部終わったのでアイドリングを1000rpmに合わせます。
本来は550rpmが規定値なのですが、キャブを変えている為、高めに設定してあげないとスタート時に
ギクシャクして綺麗に走れないので、高めにしています。
それで、もう一度点火時期を確認すると、12~3度の当たりのいつも通りになっています。
以前は1000rpmで15度ほどにして、高めに設定していましたが、エンジンがブローしたり色々ピー蔵は
ありましたので、マージンを取って規定値に今はしています。
確かに、点火時期を上げた方が早いのは早いんですけど、レースするわけでもないですからね(笑)

で、ココで、何かおかしいと思いました???
排気音がかなり爆音です。

原因はこの間のトラブルでマフラー外れているかな?と思いジャッキUpしてウマを掛けて確認すると



PA053842.jpg 



マフラーからエキマニ(LCB)のつなぎ目がグチャグチャになって割れています。。。。(涙)
取りあえず、空き缶をちぎって針金とホースバンドで穴をふさぎ応急処置をして、明日の仕事に備え
レッカー屋さんに連絡を取って、状況を説明して修理が結構掛かる旨を伝えました。

レッカー屋さんも対応がよく、すぐに菓子折持ってお詫びに来てくれて、全部修理は持ちますのでと
言う事で、一件落着!(笑)



テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

URAさん
酷いでしょ~グチャグチャでした。
写真だと分かりづらいのですが、ミッションと
マフラーを固定するステーがあるのですが
そこが、ガッチリ動きを制したので、逃げ場が
なくなってよじれたみたいです。。。。(涙)

No title

なんすか、この酷い変形は。
プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年51才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツイン(現在ウェーバーに戻った)と言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示