スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後・・・・諸々

もう今年も2ヶ月切って、11月も前半戦終了になってきました。
それにしても今年は、夏から一気に冬の様相・・・・秋をほとんど感じられず、冷房から暖房に一気に
切り替わった感じで、何とも風情がない。。。。。。

さて、その後の報告をしていませんでした、ピー蔵ですが今は元気に走っています。
まずはマフラーですが、結局降ろしてみれば悲惨な姿。。。。。
PA053842-2.jpg 


LCB(たこ足)に上がる部分は見事にグチャグチャで、取り外せば千切れてしまいました。
マフラーハンガーは、折れて、ブッシュは千切れてずたボロ・・・・・・
これだけなら、LCBとマフラーのジョイント部分だけ、LCB制作時に残ったパーツを使って簡単に直る
予定でしたが、降ろしてよく見れば。。。。。。。

PA053855-2.jpg 



太鼓は見えない上側が、亀裂がは入り、マフラーの曲がりも押されて潰れてしまったようで、一部配管が
凄く細くなっています。
せっかくのオリジナルマフラーで、大事に直しながら使っていたのですが、相手持ちで直して貰える事も
あって、新品に買える事にしました。

今でもパーツが新品で出てくるのは凄い事ですが、ツインキャブ用は製造中止でシングルキャブ用を加工
して使う物しか出てきませんが、元々ピー蔵はミニ用のLCBもそのまま付かず、LCB自体を加工するか
エンジンを降ろしてLCBを取り付けて納めるしか方法が無かったので、迷わずLCBを加工してあります。
エンジンとサブフレームのクリアランスが、何故かミニより全然無くて、先にYジョイントを付けるタイプの
LCBでは、曲がり部分が当たって、取り付けられませんから加工済みです。

取り付け方法も今までの物は、排気漏れが多くて2~3回付け直しをしないと上手く漏れなく取り付かなか
ったので、このれを機にジョイント部も変更してあげました。

241006 (3) 


このパーツは元々LCBのセンター側のパイプです。
右側のL字に曲がっている部分が、先ほど話したYジョイントを付ける部分で、逆側に使うようにしています。
左側の溶接部分は異型ジョイントを接続しています。
センターの排気管をこんなに切って。。。と思うでしょうが改造LCBは2本がまとまっている方のパイプもL字
部分で切断していますので、そのパイプを利用して3本まとめてミッションぐらいの場所で接続しています。
ミニなどのA型エンジンを知らない人は、3本をまとめて?っと思うかもしれませんが、3気筒では有りません。
ちゃんと4気筒なのですが、なんでこんな設計をしたのか分かりませんが、2番と3番シリンダーの排気管は
シリンダーヘッド内で、まとめられています。
241007 (4) 


絶妙なクリアランスで取り付けが出来ました。
LCBとマフラーの接続は、Tクランプで接続で、その他はUボルトですが、自動車屋さん的にはTクランプ
よりも、Uボルトの方が漏れもなくガッチリ止まって、安心だそうです。。。案の定このジョイントは1回目は
排気漏れをおこし、修正してもらっています。

241007 (1) 241007 (2) 



マフラーの太鼓が丸形になってしまいましたが、まあまあ綺麗に付きました。
何故まあまあ?とは太鼓がセンターにどうしても来ませんでした。
右の写真を見てもらうと分かると思いますが、フロアートンネルに対して左に寄っているのが分かると思いま
すが、多少元々のパイプの曲げがいい加減なようで、どうやってもこれじゃセンターに持って行くのは無理で
すが、何処にも当たっていないので良しとしました。

あと、写真をクリックして見てもらうと分かりますが、このマフラー3ピースに変更になっています。
元々ADO16のマフラーはワンピースの長い物でしたが、3分割にして輸送を楽にしたのかもしれません。
後は、マフラー先端の直角にカットされている部分をオリジナルと同じ斜めカットにして終わりです。
斜めカットは、写真が無くなってる・・・・(笑)

新しいマフラーの印象は、音が凄く静かになりました。
太鼓の中身がちゃんと詰まってる!!って感じですね(笑)

最後にフルトラのチャックその後ですが、下の写真テスター数値で死亡確定です。。。。。

P9243815_20121110195750.jpg 



メーカーで教えてもらった、配線間の抵抗値ですが、0Ωでなくてはいけないのに、おもいっきり30Ωほど
振ってしまっています。
これで、死亡確定ですので、フルトラアンプを外して次はどうするか、只今思案中です(笑)





テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

のすひろさん

潰すって手法も有りましたね~
でも今さら遅い!(爆)

No title

タイコ四方をつぶし途中を絞ったものならうちにあるんですけど・・・
遅かった?(爆)

Re: No title

URAさん

たこ足綺麗で喜ぶ人は完全に変態です!!!
でも変態上等!じゃないですかお互いに(笑)

Re: Aタイプエンジン

ベンリオヤジさん

多分ミニ系とバンプラ系はエンジンの取り付け位置がサブフレームに
対して、違うからだと思います。
ミニは左右で止めていますが、バンプラ系は前後とクラッチ側の3点止め
になっているので、ミニよりバルク側にエンジンが来ているんでしょうね。

ま~災難も楽しみの一つです!
そうでも思わなければ、こんな車乗れません(爆)

Re: 整備

やまさん

初めまして!こんなブログ参考にして頂いて有り難う御座います^^
マフラーは元々ステンも有ったのが、今はないようですがココが
三和マジックと言いますか、少し経つと普通にパーツリストに復活
してるなんてパーツは今までに数多く(笑)
その内復活するかもしれませんね。。。。確か8万ぐらいしたかな?

マフラーのワンオフは、GT-RのもADO16のもさほど変わらない金額
になると思いますよ・・・・そこまでする車かどうか・・・・・(笑)

ガソリンキャップは前途多難です・・・・付かない事はないのですが
少し時間津くって、計画練りますが、ポン付けは無理なようですね・・・

No title

奇麗ですっきり!
たこ足がきれいだと嬉しくなるのは変態でしょうか?

Aタイプエンジン

排気管の取り回し大変そうですね。
ミニはADO15でバンプラの方が設計が新しいのにスペースが狭いなんて知りませんでした。
エンジンはBMC時代のAタイプ。
この吸気側2ポート、排気側3ポート構造はミニの設計以前に確立された構造のエンジンで
(エンジンをコンパクトにするためには貢献しているのですが。)ミニ一族に無理やり押し
込んだようなもんです。

それにしても災難続きですね。
でもその度に必ず立ち直っておられるので尊敬します。
いや、ほんとですよ。

整備

何時も、参考にさせていただいております。
又ADO16の方にもコメントを書かせていただいています。
いつも、いいな~自分で色々出来て。と感心しています。
マフラーは、私も曲がりの部分で穴が開いてしまい、今回車検だったためとりあえず溶接で埋めてみました。
三和の方にもツインキャブ様の物は無く、現在どうしようか検討中です。
ステンがこの際良いのですが、無いし造っても高いため検討中です。
じっくり考えようと思っています。
ガソリンキャップも同じものを買われたんだな~とみていました。
私はまだチャレンジしていませんけど。
その後、着いた時には教えてください。
よろしくお願いします。
プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年51才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツイン(現在ウェーバーに戻った)と言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示