スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去ネタ・・・・雨漏り(その2)

 前回途中で終わってしました雨漏り対策その続きですが、錆対策はちゃんとしないといけませんので

旧車でおなじみのPOR15を錆取りをある程度してから、しっかり塗っておきます。

この塗料は乾きこそ遅くて使い勝手は悪い(1日は掛かる)ですが、乾いてしまえばその皮膜の強さは

天下一品で、しかも錆に対してはかなりの信用度がある塗料になります。

 

DSCF1588.jpg DSCF1589.jpg

 錆色がある所は全部塗っておきましょう。

1日ぐらい乾かして、いよいよ穴埋めです。

今回はFRPのみで塞ぐ予定で、材料を買いにハンズへ。。。。ほとんど定価売りだけど一通りそろって

いるので、結構使ってしまう便利なデパート。。。。。探せば安く売っている所もあるんでしょうけど。

念のためハンズの店員さんに、使用目的を話して相談をした所、タイヤハウス内なら飛び石も

あるだろうから、一枚薄い金属板を入れた方が安心では??とのご指摘。。。。ん~確かに!

DSCF1592.jpg

上の写真はフィニッシュ後の写真ですが

薄いステンレス板を一番外側に来る所に

 

それでこのステンレス版を覆うようにFRPを塗り塗り張り張り。。。。

DSCF1590.jpg

 と出来たのがこんな感じですね。。。。これで雨漏りももう心配ありません。

一応このFRPも水に強いとの商品をチョイスしてあります。

少しパテっぽいもので、垂れもなく結構楽に作業が出来ました。

助手席側も同じ作業をして、ステンレスが写ってる上の写真で縁が汚いと思いますが、この汚いのは

コーキングを流し込んで、隙間からの進入が無いようにしています。

1週間ほど完全に乾かしてから、さー耐水テスト!

コイン洗車でじゃぶじゃぶ洗いました。。。完璧!!!!っと思いきやまた足元が濡れてる???

なんでだ~~ガ~ン!

濡れている先をよく見ると、ヒーターからの雨漏り。。。。。。

インテークから入った水は綺麗に切り取った所から出ているのですが、ヒーターからも

漏れているようです。。。。。。。

 

DSCF1542.jpg

この写真はヒーターブロアーを外してヒーターコア内いを観察している所

ココからジャジャ漏れして、モーターもびっしょり!

ならば雨漏りの元を絶つしかしかないでしょうって事で暴挙に!

DSCF1575.jpg

 何をしたか分かりますか??

よく見るとスリットの中になにやら編み目が見えるかと思います。

ココが空気の取り入れ口&水の進入路って事になるので塞いじゃいました。。。。。カーボンで!

DSCF1576.jpg  DSCF1574.jpg

隙間からカーボンを滑り込ませて、FRPを上から流し込むという荒技で完全に塞いでしまいました。

外気導入がほとんどしなくなってしまいましたが、ブロアーあるので問題ないし何たって三角窓が

あるので、全く問題なし!

この作業をしてすでに2年半は経ちますが、いまだに最近のゲリラ豪雨の中走行しても

一滴も雨の進入はありません。

でもこの当時は前だけ完璧でリアウインドウが雨漏り。。。。。でしたが(笑)

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年51才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツイン(現在ウェーバーに戻った)と言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示