スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピー蔵の調子が悪い。。。

 どうも車検から戻ってから調子が悪い。。。。。

車検を通すためにキャブの燃調は必ずいじるのだけど、そもそも予備検2回に車検で1回はねられたようだ。
今まで、予備検で通らなかったことなど1度もないのに、予備検自体通らない状態だと電話が
来る始末で、どうしたものかと。。。。
最終的には、エアクリ外して、プラグを交換して何とか通ったが、それにしても工場に持って行く
までの道のりは、順調そのもので高速も軽く回る状態。。。プラグも昨年交換したばかりで
悪くなるはずがない。

その後、戻ってきたが全然一発でエンジンが掛からず、酷いと始動まで10分以上掛かる始末(涙)
でも、待てよ???そもそもセルの空回りが頻発してる。。。。。。

よくよく電圧計を見てみたら、12Vを切って多分10Vぐらいしかなさそうだ(爆)

ピー蔵のセルモーターは遠心力で、ギヤーをフライホイールに接続する旧タイプなので
回転が鈍れば、フライホイールまでギヤーが届かず空回りする。。。
今回は車検で作業を色々したのと、私自身が作業することもあったので2週間ほどお泊まりして
いたのだけど、その間に放電して全てが上手くいかなくなったのだと思う。

改めて記録を調べたら、すでに7年もバッテリーを使って6万キロ以上走っているからバッテリーを
取り合えた方が良さそうだ。。。。

今使っているプラグのブリスクは、電圧にはシビアなようなので、不完全燃焼で車検が通らない
のも、納得ができる。。。。。












テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

マグちゃん

電気関係は見落としやすいよね。
バッテリー交換したけど、だいぶましだけどまだ何とも。。。
到着バッテリーが少し放電しているようで、ちょっと走らせて
完全充電させないとって感じです^^;;

No title

電気何処かで落っこちてると調子悪くなるねえ。
まあバッテリー交換で調子戻しましたか?
プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年51才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツイン(現在ウェーバーに戻った)と言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示