ディスプレッサーホース交換

 さて、今回の車検での目玉作業の一つがディスプレッサーホースの交換です。
こちらのブログで何度も出てきた、有志を募ってのパーツ製作でしたが、やっと重い腰を
上げて、ホースの交換作業をしました。

今回この作業は、フロント2コのみの交換で、すでに右後ろは交換済みですから後残すは
左後ろですが、リヤの作業は車検時のフロント分解とは、かけ離れた作業になるので
今回は割愛いたしました。。。。。ただ面倒だったって話もありますが(笑)

まず、ディスプレッサーを外すには、ホースを分離します。


DSCF1441.jpg 


分離して、足回りを軽くバラすとぼろっと出てくる予定ですが、出ませんのでバールなどで
こじって、こじって取り外します。
ちなみに外し風景は撮影忘れました(笑)


DSCF1442.jpg 


いきなりボロっと出てきた図ですが、片側時間にして30分もあれば外せます。
初めての時は1時間少々見てたほうが良いでしょうね(笑)

何ともないホースですが、いつ裂けたりホースをカシメている部分から漏れるか分からない
年代物ですから、ココはザクッと外してしまいます。

外すにはディスクサンダーか、ベビーサンダーなどを使うと早く綺麗に外せます。
ディスクサンダーは少しコツがいるので、持っていればベビーサンダーの方がらくだと
思いますが、慎重にやればディスクサンダーで十分です。
今回は、ショップの工場を借りての作業ですので、ベビーサンダーを使いました。


DSCF1444.jpg 


こんな感じでか閉めているソケット部分を、削っていきゴムが出てきたら裏側も削ります。
最低2分割〜3分割すれば十分です。


DSCF1446.jpg 


私の場合は2カ所を削り取り、マイナスドライバーでプライヤーが挟めるぐらい開いてから
2コのプライヤーでキコキコキコキコ・・・・・・金属疲労させてねじ切る要領でこじれば
パリンと割れて外すことが出来ます。
ちなみにドライバーで開いた時点でホースは外れるので、外した方が可動範囲が広く取れる
ので、早くねじ切ることが出来ます。


DSCF1447.jpg 


綺麗に外れたら、この出っ張りは必要ありませんから、ディスクサンダーで何分割かしながら
短くしていきますが、その長さはパイプの根元に一段広い部分がありますのでそこまで綺麗に
削っていきますが、削りすぎは危ないので適度に様子を見ながら削るようにして下さい。


DSCF1448.jpg 


綺麗に削れたらココにタップを立てていきます。


DSCF1449.jpg 


拡大して根元のパイプ残りを参考にして下さい。
後は新しい製作したホースのネジ部に漏れ止めのシリコンテープ巻き付けて、今ネジを切った
所にねじ込んで確実に止めるだけです。


DSCF1456.jpg DSCF1455.jpg 


後は分解と逆手順で、ディスプレッサーを取り付けてからポンプでLLCを注入して完了ですが
LLCを注入するときは、確実にエアー抜きをするように工夫して下さい。
私の場合は、水道工事用のポンプを使うので、真空引きが出来ませんから入れては出しての
連続を泡が出てこなくなるまで数度やってから、規定の高さになるように調節します。


DSCF1469.jpg DSCF1468.jpg 


こんな感じで、交換完了です。。。。。。。。が










DSCF1470.jpg 


少し漏れてます(爆)
左側のみ少し滲んでますね。。。。軽く増し締めをしてみましたが、少し良くなったけど
滲みが止まりませんので、ディスプレッサーのパイプを切断した後のパイプ断面と
ホース金口との当たり面が、あまり良くないんだと思います。
なので、後でホースを外して面を綺麗にするかOリングをかましてしまうかの方法を
取らないといけませんが、私はこのまま外してから、Oリングをかます事にします。

ドリルの先端に砥石を付けて、軽く磨けばOKだとは思うのですが中に削りカスが入るので
逆さにして掃除をしなくてはいけませんが、その場合ディスプレッサーをもう一度外す手間が
ありますが、Oリングなら雄ネジにはめてねじ込むだけですので、簡単だし強度は全然問題が
ありませんので、初めから付けておいた方が良いかもしれませんね。

あと、このホースを作るための金口は、随時オーダーを受け付けられるようになりましたが
当然数が揃わないので、多少高くなりますので、ご了承下さい。

詳細は、このページの右側よりメールフォームでメールを下さい。









テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

やまさん
いつでも質問して下さいね!

No title

ありがとうございました。
非常に勉強になります。

Re: No title

やまさん

> 質問なのですが、ホースを外す前に切断は出来ないんでしょうか?やはり付いているホースを外してからベビーサンダーでパイプの根元をけずるしかないんですかね?

構造上ディスプレッサー側のカシメソケットを、サンダー等で削ってからホースを抜いて
作業するのが一番楽というか、ホースが付いた状態でパイプの切断をする意味がありません。

> 今回、大事をとって先に痛んできているホースを交換したみたいですが、なんか予感はあったんですか?

以前のブログを見れば分かると思いますが、フロントのホースはエンジンの熱ですでに
紙のようなもろさになっています。。。。これは全てのADO16に共通だと思います。
なので、切れる前にファンベルトを交換するのと同じことですね^^

> ディスプレッサーのゴム自体大分ひび割れが来ていますが、ま~私のもそうですが、この辺のメンテってなんかないんですかね。

本体のゴム部は相当分厚いそうですから、表面のヒビ割れははそれほど気にしなくても
良いらしいいですよ。

No title

お世話になります。
質問なのですが、ホースを外す前に切断は出来ないんでしょうか?やはり付いているホースを外してからベビーサンダーでパイプの根元をけずるしかないんですかね?
今回、大事をとって先に痛んできているホースを交換したみたいですが、なんか予感はあったんですか?
ディスプレッサーのゴム自体大分ひび割れが来ていますが、ま~私のもそうですが、この辺のメンテってなんかないんですかね。
何時も気になるんですよね。所詮ゴムなんのでいつかは・・・。とか思っていますので。
CRCのゴムの部分のスプレーもあるんですが、効果があるのか微妙ですから。
なんか、塗ったりしているんですか?
プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年51才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツイン(現在ウェーバーに戻った)と言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示