スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の答え(笑)

前回、破片の写真だけで謎にしていた答え合わせです。

正解はこれ       ↓↓↓↓↓

DSCF1511.jpg 

右側が破片の親玉でした(笑)

セルモーターのピニオンギアが割れたのでした。。。。
それまで、まったく問題なく、その日も最初の指導は一発でエンジンが
掛かったのに、そのまま買い物に行って車に戻ってセルを廻すとガガガガガッ・・・・
と、車が揺れる程の爆音。
イメージ的には、キーひねったらエンジンが跳ねた印象でした。
取りあえずエンジンの始動は出来たので、家までは無事に戻り多分と予想を付けて
暗い中、懐中電灯使いながらセルを外して見たら見事に割れていました。

幸いにも、セルモーターはモーター・・・・モーターには磁石を使いますので
磁気があります。
破片は見事にモーターハウジングのボルトに、ピタッとくっついていたので破片を
探し回る事なく改修できました。

掛けたパーツをよく見ると、片側がだいぶすり減っているのが分かります。
写真では見づらいですが、右側がすり減って断面が滑らかで左が多分破損したために
飛び散ったのだと思います。
断面が凄く鋭角ですからね。


DSCF1509.jpg DSCF1508.jpg  


でも、このセルモーターは5年ほど前に、リビルト品を購入して付け替えていたので
ピニオンギアも新品が付いていたんですけどね。。。。。。

仕方がないので、以前まで使っていた中古のセルを引っ張り出して、取り付けて終了です。


DSCF1510.jpg DSCF1512.jpg 


ちなみに完成図は取り忘れました(爆)

このピニオンギアってパーツは出るんですけど、分解方法が分かりません????
どう外して付けるんだろう?



















テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 他人事じゃないですね

KUROさん

お久しぶりですね。
普通に今でもパーツが出ている物は需要があるから出てるんでしょうね。
ピニオンも普通にパーツ出ますから、多いトラブルかもしれませんね。

Re: セルモーター

ベンリオヤジさん

超久しぶりですね!お元気でしたか??

ピニオン噛んで、前後に揺すって外れるのは軽傷な部類ですね^^
重傷だと、いちいちセル外さないとなんです(爆)
あと、セルの裏に心棒が出てますけど、あそこにレンチ掛けても
軽傷なら外れます。

貼ってくれたURLですけど、、、、、、、Cクリップなんてあったかな?って
感じですが、何となく外し所は分かった気がします。

Re: No title

やまさん
こんにちは〜

まさかこんな所が壊れるとは思いませんでしたよ^^;
元々のセルは中古で1回交換しているもので、何処も悪くないものだったんです。
オリジナルのが噛み癖が付いていて、交換したらリビルト出てきたので換えたんですけど
それがこの状態ですよ^^

パーツは完全に破壊していない限り捨ててはダメですよ〜
モーター焼けてても、ギヤーは使えるとか使い道は沢山ありますからね!

他人事じゃないですね

モーク乗りです。いつぞやデロルトの件ではお世話になりました。いつかはOHと思いつつ、軽く洗浄した程度で延命しております(汗)。
セルモーターのピニオンがそんなことになるなんて・・・
こりゃ他人事じゃなさそうです。

購入してからそろそろ5年もたちます。幌も限界だし、おんぼろですが、頑張ってます。

セルモーター

お久しぶりです。

見たところ、ベンディクスタイプのセルモーターのようですね。
25年前に乗っていたMGミジェットもこのタイプでした。

たまに、ピニオンが飛び込んだままになって、そんなときは前後にクルマを動かすと復帰したことを思い出します。

ここ↓に分解方法があるみたいですが、役に立ちませんか?

http://www.hi-ho.ne.jp/t-asai/denki/seru/

No title

こんばんは。
リビルト品に交換しても、壊れるんですね。
やはりどこか負担がかかる部分があるんでしょう。
元々のセルを持っていて良かったですね。
交換すると捨てる可能性が多いですからね。
でも、交換前のセルなのでちょっと心配かもしれませんね。
とにかく動ければOKですね。
プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年50才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツインと言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示