スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルブル解明の道のり1

 イグナイターを前回換装しましたが、まだエンジンが盛大に震えています・・・・
アイドリング中はブルブルブルブル・・・・
でも、ひとたびアクセルを踏んで走り出せは、凄く快調に走りパワーも若干
戻っているようで、快調に走りますが、信号待ちでブルブルブルブル・・・・

色々、いじって見るとエンジン3-4番ピストンが関係ありそうな感じです。
それで、3-4番を司っているのは、ツインキャブの左側・・・・
アイドルスクリューの戻り量が右と左では違いすぎます。
通常1.5回転ほど一番締め込んだ状態から開けば、エンジン回転数が一番高い位置に
きて、綺麗に回りますが、左側だけは3回転・・・・・
元々左は半回転多く回すと良い感じでしたので、それでも2回転ですから1回転も多いのは
おかしいので、アイドルジェットの詰まりか何かかな??と思いお掃除を久々に実施です。
(ちなみに半回転ほどの左右のズレは誤差範囲らしいです)


IMG_20150615_163321.jpg 





謎の瓶と棒。。。それとジェット達。

謎の瓶の中には真鍮などの掃除にはぴったりのサンポール・・・・トイレ掃除用の(笑)
これにジェットを浸すと、名前の通り酸で綺麗にしてくれますが、長時間浸しておくと
基本表面を溶かしているので、ジェットの穴サイズなどが変わってくるかもしれませんので
取り扱いは注意が必要ですが、私は子供の頃に流行ったモデルガンの弾を掃除するときに
よく使っていました。
銅や真鍮はぴかぴかになります。。。。ちなみに10円玉もぴかぴかに(笑)
ものの5分も攪拌しながら浸けておけば、ほとんどのワニス等の汚れは取れてしまいますので
後は真水でよく洗い流して乾燥させます。

乾燥できたら棒の登場で、この棒はジェットリーマーと言い、ジェットに空いている細い穴に
つまった汚れを綺麗にしてくれる優れものです。
汚れ取りの他にも、番手が小さすぎて使用しないジェット類の穴を広げて使えようにしたり
番手と番手の間にしたいけど、存在しないジェットなどを作るときにも使用できますが
レース用のセッティングでもしない限り、そんな事はしませんので、普通はゴミ掃除と不要品の
再利用ぐらいで使う感じですね。



全部綺麗になり、キャブへ戻してテストするもブルブルブルブル・・・・・・(涙)
全然かわしません。
ジェットを左右入れ替えたり、番手の違うアイドルジェットを入れても同じ症状なので
原因はジェットの詰まりではなかったようです。。。。。

この戦いはまだしばらく続きそうです・・・・・・・(涙)














































テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年50才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツインと言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示