スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにある、あるあるネタ

 既にブログじゃないココですが、たまに起きたネタでも。。。。。。


_DSF2596.jpg 



何処にでもあるガラス管ヒューズの35A 最近使ってる車はありませんけどね。
今日はこれが悪さをしてくれた(笑)

家から出て、前回ドライブシャフトフランジが、破損した所にさしかかったら
一時停止でエンジンストール・・・・・・正にマーフィーの法則(笑)

何だよと思い、セル一発でエンジンが掛かったので、ホッとして走り出すも10mで
又エンスト・・・・・・今度は掛かる気配がない???

さて、困ったと一応ボンネットを開けて、何処かの配線が外れていないかチェック
するも、何処も外れてなさそう。

エンジンが掛かる基本は、燃料、空気、圧縮、火花・・・・原理的にはこれで
始動するのはずだけど、除外できるのは空気は絶対にある、圧縮が例え2個死んでも
ブルンブルンぐらいはするので、残るは燃料と花火のチェック。

花火はプラグを抜かなければいけないので、後回しにしてまずは燃料のチェック
これも、燃料ホースを抜いてチェックするのは面倒なので、アクセルをアオって
ポンプジェットを作動させれば、アンメーターがピコピコ動くのでそこでチェック
したら、ピクリともしない。。。。。。燃料ポンプが死んだか?
でも、ストンとエンジンが切れたので何かが違う感じ。

メーターをよく見ると、2/3は入っている燃料計がピクリともしていない。
って事で、電気が来てないことが確定!
電気が来てないときは、まずはヒューズをチェック。
2個あるガラス管ヒューズを確認するも切れてない。。。。そんなときはヒューズを
ひねる、ひねるひねる・・・・・









はい!こんなんなってました〜


_DSF2597.jpg 



本当に良く壊れるヒューズです!!
ひねると簡単に抜けました(爆)

予備に換えて修理完了。。。。。停止時間5分でした。

今日の昼飯の時に、壊れる壊れないの話をしていたばっかりなのに(笑)



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年50才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツインと言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示