スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初の中古タイヤ

今回始めて中古タイヤを購入してみた。

今までタイヤ、ホイールは新品しか、買った事がないですが、購入にはそれなりの理由が。。

今回買ったタイヤはこちら。

PB020892.jpg

 もうそこまで冬が来ているので、冬タイヤのスタットレスタイヤを購入してみた。

スタットレスを中古で???と思われる方は多いと思いますが、それなりに理由があります。

購入したのはBSのブリザック。。。。。このタイヤはセリカを乗っていた時からずっと使って

いるからかれこれ、17~8年(よく考えたら20年でした)使っており、雪道、アイスバーンには

絶大な信用をおいている商品で、某Yタイヤの宣伝部の人も10年以上前の話しですが、

その実力は悔しいけどかなわないと言わせるほど。。。。

今は性能もだいぶ上がっているはずなので、性能差も無いとは思いますが。。。

今回のタイヤは6年落ちの代物で、山は9分で価格は送料込み7000円。。。

一本じゃないですよ(笑)4本で7000円。

通常一本5~6000円で販売している物です。

それにしても安い。。。今までのレガシー、インプレッサに付けていたのは1本20000円はしていました

ので、半分以下は助かります。

では何故中古を買ったかというと、今までにセリカ、インプレッサ、レガシーとハイパワー四駆を

3台乗り継いできましたが、購入した冬タイヤは2セットのみ。

今でこそスタットレスは、毎年交換しましょうみたいな話しは、当時はあまり無く、古いのは

性能が落ちるから、早めに交換しましょうぐらいの感じでした。

セリカとインプレッサはサイズが違うので、そこで買い直しましたが、レガシーとは同じ。

使い回しが出来るわけで、当然使い回しました。

ピー蔵を買った前の年に春にスキーに出たのですが、春なのに雪が予報されていて

急所スタットレスに買えようとタイヤを確認すると、スタットレス使用限界を超えておりました。

PB020881.jpg   PB020882.jpg

少し分かりづらいですが、左の写真センター当たりに有る縦溝に対して横にラインが有るのが

スタットレスの使用限界で、ここまで溝が無くなると、スタットレスとしては使えませんってマークです。

右の写真が、通常のスリップマークで、これ以上は夏タイヤでもダメですってマークです。

使用限界は超えていても、夏タイヤよりましだろうと、交換をしていざスキーに

予報通り3月末なのに大雪で、かなりビビリながら走っていたのですが、普通に走ります。

スキー場の駐車場ががら空きだったので、ブン回してみましたが、軽くテールスライドするぐらいで

かなりい良い。。。。。。12年目のスタットレスで使用限界を超えているのに!

新品時に比べれば、ゴムも硬くなってグリップ性能は多少は落ちているのでしょうが

12年も使って、限界を超えてるタイヤで走れるのだから、中古でも問題ないでしょうって話しに

なるので、今回の中古を買ってみました。

 

ホイールはバンプラ純正の、鉄チンホイルを以前オークションで、手に入れた物を使用ですが

厳密に言うと、このホイールはMk-2以降の物なので、ホイールサイドに空気取り入れ口というのか

穴が空いているタイプですが、Mk-1は穴が空いていません。

後にオークションでMk-1用がでていましたが、すでにこちらを買っていたのでパスしました。

PB020877.jpg

 ホイールには刻印がされていて、「4Cx12x59.5」という事はサイズのようで4CのCはなんだか

分かりませんが、4穴って事で12は12インチで、最後の59.5はオフセットだと思います
4Cx12x59.5は今風に書くと、4J12と同じでJがCになっているだけだそうです。
因みに4インチ幅でホイルリムのフランジ形状がC12インチオフセット59.5になるようです。
現在のホイルはJ規格が一般的ですが、Aから存在するそうで、アルファベットが上がるほど
性能が上がるそうです。

ついでにもう一つ刻印で、

PB020879.jpg

ダンロップの刻印と意味不明な912。。。。。4本とも同じなので、商品番号か何かでしょう。

 

又雪にはほど遠いですが、今日あたりから寒くなってきたので、雪が降ったら又レポートを

してみたいと思います。

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年51才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツイン(現在ウェーバーに戻った)と言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示