スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急死の続き。。。

先日の続きです。。。。

青山ではここまでバラして断念しました。

前回は写真が無かったのでとりあえず一枚。

PB130944.jpg

 まずはラジエターを外していきましょう。。。これが大変なんです。

PB130949.jpg  PB130946.jpg

    あ~だこうだで20分ぐらいで綺麗サッパリ外せました。

ラジエターも結構傷傷で、ファンの跡がくっきり丸く付いていますが、それよりもえたいの入れない

ゴミが沢山。。。

PB130947.jpg

 なんでしょうね~この綿みたいなゴミは?

ここまで来れば後は一息なんですが、そう行かないのがこのピー蔵・・・・・・・

PB130948.jpg

 分かりますか?ウォーターポンプのプーリー取り付け部なんですが、ボルトが残っています。

これが緩んだのか、最初から緩んでいたのかは、神のみぞ知るですが、回転に負けて2本が折れて

2本が緩んで外れて、今回のトラブルになりました。

PB130940.jpg

 落ちていたボルト。。。。悲惨ですね~1本は行方不明で、2本は真ん中がえぐれて曲がっております。

この、残ったネジを外すのは大変なので、ウォーターポンプを外して、ネジを外すのですが、面倒なので

新品に交換してしまいます。

前回交換から3万Kmぐらい使用していますが、水漏れも無く、しかも安い!

日本製のOEM版で、純正よりかなり安い3000円少々と、格段に良くなる耐久性がこの安さで

手に入ります。

今回も迷わず、国産品に交換。

PB130932.jpg

 このGMBと言うメーカーは、色々なメーカーのウォーターポンプを作っているメーカーで

耐久性もなかなか良いです。

必要なパッキンも同胞されているので、ちゃんとパッキンの交換するために、エンジン側を綺麗に

お掃除して、ニューパッキンを付けてボルトを締めれば、完了です。

PB130950.jpg

 この作業をきちんとしないと、せっかく新しいパッキンを入れても、ジャジャ漏れになります。

後は全部を元に戻せばOKなのですが、先ほどの削れたボルトがくせ者で、そこら辺にはなかなか

有りません。。。。UNF1/4。。。。インチサイズで、細目。。。ハンズにも無く、足もないので、諦め

ショップにオーダーを入れたので、明日まで足止めとなりました。

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年50才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツインと言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示