スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキタンデム化(その1)

ブレーキタンデム化と言われても、分からない方が多いかと思いますが古いミニとか我が家の

バンデンプラにしましても、ブレーキのシステムが現代の車とは、大幅に違い安全とは言えない

ので、今回少しだけ安全対策を施そうという事で、少しだけ現代車に又近づけるための作業を

おこなって参りました。

P1161120.jpg

 写真に2個あるカンカンの左側が、ブレーキマスターシリンダーと言う代物でブレーキを踏むと

この中に入っている、ブレーキフルード・・・・・・間違った言い方ではブレーキオイルが入っていて

踏んだ圧力で中のフルードが押し出され、4個のタイヤに付いているブレーキを動かす仕組みです。

(因みにオイルと言うのは間違えで、油ではありませんが、なぜかブレーキオイルと良く耳にします。)

 

写真を見て頂くと、パイプが1本はえていると思いますが、ココから各部分に分岐していくわけですが

ココが問題!  もしこのパイプの何処かが裂けたりして、フルードが漏れるとどうなるか?

正解は暴走車・・・・・ブレーキが効かなくなります。

一カ所壊れただけで全てのブレーキが効かなくなるのですが、現代の車はそれではまずいという事で

ココからパイプを2本はやして万が一、何処かが壊れても、最低2輪はブレーキを効かせようという事で

2本2系統=タンデムマスターシリンダーとなっていて、それを今回移植すると言う事で、使用するパーツ

はちょっと古いミニの物を流用します。

これを移植して配管を少し変更する事によって、前後2系統のブレーキシステムになるわけです。

因みに現代のほとんどの車は、X配管というのになっていますが、説明は長くなるので又の機会に。

P1161121.jpg

 さて、以前オークションで手に入れておいた、タンデムマスターシリンダーを変態サンタの贈り物で

届いたOHキットで、オーバーホールしていきます。

P1161122.jpg  P1161123.jpg

OHが完了したら、今度は今付いている物を外していきます。

右の写真でウエスの上に乗っている方が、ゴムパーツを交換した、シリンダーで地べたにおいているの

が古いゴムパーツです。

P1171126.jpg

クラッチ側も外して、綺麗サッパリなくなりました。

ここで、OHの終わっているブレーキマスターを、取り付けるのですがちょっと問題が発生して上手く取り付

かない事が分かったので、少しマスターシリンダーを加工しなくてはいけません。

P1171125.jpg

 写真では分かりづらいですが、台座がブレーキパイプに干渉して上手くつきませんから、サンダーで削っ

てクリアランスを稼ぎます。

3mmほど削り落としましたが、安全性は全く問題ありませんし、元々付いていた旧タイプよりも厚みがあ

るので安心して削れました(笑)

この後無事に取り付けて、クラッチ側も戻して、タイムアウト。。。。。。

パイプ製作までは間に合いませんでした、、、、

明日からロケで東京を離れるので、続きの作業はショップにお願いする事になりした。

ココまでバラして、走れないのにショップ??と思われるでしょうが、この作業は丁度今日で登録3年目な

ので、車検整備と合わせて、ショップの一角を借りて作業していたのでした。

いつもお世話になっている「オートパレス」さんで従業員のごとく自分で作業しておりました(笑)

 

続きは次回にお伝えします。

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

URAさん
> 迷惑メールに埋もれてました…。
> また次回にでもお願いします。
そりゃないよ~ひどい!(笑)
又連絡しますね!!

Re: ブレーキタンデム化

MASAMIさん

旧ミニのマスターですね。
師匠のより新しいタイプで、80年代の短い間に
使用されていた物ですが、今でも新品で手に入ります。
どちらも取り付けには変わりがありませんが、物の仕入れやすさは
私の方かもしれませんが、接続のユニオンが日本では単体で手に入らず
パイプ付きになるので私はイギリスから取り寄せました。

No title

申し訳ないでした。
迷惑メールに埋もれてました…。
また次回にでもお願いします。

ブレーキタンデム化

写真のマスターは旧ミにのですよねぇ???
また改造方法を教えてくださぁい♪
水戸の師匠はミニマーク3用のマスターを流用って言ってましたが…どちらが
楽(ムリの無い)改造なんでしょう???

Re: No title

URAさん

やはり米国の安全基準は世界一厳しいだけありますね~
でも、もしタンデムに流用で出来るなら、しておいて損はないと思いますよ。
一本ブレーキホースが裂けただけで、お終いですからね。
配管の変更は4つ又に入っているリヤ側を外して、栓をしてそこにフロント配管
外した配管にリヤを接続して、Pバルブを可変式に交換予定です。
これで、前後どちらかは絶対使えるので、古い車でも安心です(笑)

ところでメール届きませんでしたか??

No title

タンデム化ですか。家のMK3もシングルなんですよ。
本国使用は最終までシングルで北米は早い時期からタンデムになってます。
安全基準の問題からでしょうが、わざわざ分けなくて良いと思うのですが。
今回の場合は分配バルブから変更になるのでしょうか?
他車の流用が効くのは便利ですね!

Re: タンデムシリンダー

Gabachoさん

そうなんですか~
1個で両方まかなうんですか??それは凄い。。。
ミニの世界ではこれがタンデムマスターなようですよ(笑)

> ところでサーボは付いていないのでしょうか?

男は黙ってサーボなし!(笑)
これに換えるとサーボは付かなくなりますし。

タンデムシリンダー

カニ目やMG-Aでタンデムシリンダーというとブレーキのマスタシリンダとクラッチのマスタシリンダが一つになっているのを指しています。タイトルを読んだ時に「なんで?」と思いました。

ところでサーボは付いていないのでしょうか?
うちのバンプラはサーボ付きの旦那車仕様です。
プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年51才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツイン(現在ウェーバーに戻った)と言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示