スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキセッティング

 結局昨日は寒さに負けて、雪のかなではセッティング出来ずで、家猫状態でありましたが今日は

一転快晴!風は少し寒いですが、確認を色々したかったので重い腰を上げてみた。

状況がイマイチ分からないプロポーショニングバルブ(Pバルブ)を調べてみようと車の下を覗いて

見ましたが頭が入らず目視出来ませんので、デジカメで撮影してモニターで拡大してまずは回す

方向を確認してみました。

P2031942.jpg P2031942-2.jpg

左の写真をカメラで拡大すると右のような感じで文字が読めました。

矢印と共に見慣れない単語が。。。。。「LESS BRAKE

??LESSということは少ないということだと思うのに、反時計回転・・・・・・

ダイアル自体は普通のネジと同じですので、時計回転に回すと支柱が下がり(バルブ内に入る)ます

ので、逆じゃないですか!私が言っていたのと!(笑)

そうです、常識的に考えて、ダイヤルの支柱が全部出る(バルブから突き出す)反時計に回すと、減圧

されないと思いこんでいましたが、逆のようです。。。。。。。

水道と同じだと思っていたんですが、絞め込む(時計回転)事によって、減圧されず100%の圧が掛かる

ということだったようです。

 

と言うことで、時計回転にいっぱい回して、早速試乗ですが、ブレーキのタッチが若干変わりました。

制動距離に変わりがあるかは不明ですが、印象としては同じ圧力でブレーキペダルを踏んでも、短い距

離で停止したような気がしますが、気持ちの問題かもしれません(笑)

 

さて、構造も理解したことですので、地道にセッティングをして行きますので、又機会がありましたら報告

したいと思います。

これにてタンデムマスター化、完了です!!

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年50才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツインと言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示