スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車いじり (その3)

DSCF1953.jpg

ドンドンバラして行くと、やはり中はガソリンの残りカス?

DSCF1960.jpg

 
白くなっていましたが、腐食も全くなく磨けば綺麗になっていきます。
加速ポンプのダイヤフラムはガソリンが溜まって抜けづらいばしょだけあって、多少汚れが

ひどいです。。。。

使わなくなったキャブは、しっかりガソリンを捨ててキャブクリーナーなどでしっかり洗い流して、

ガソリンを飛ばしておけばこんなにはならかったと思います。

綺麗になったらパッキン類を新しい物にかえてあげます。
パーツはほとんど日本では手に入りません。
探したあげくにイギリスよりお取り寄せです。

DSCF1958.jpg



パッキン類は切り出せば自分で作れるし、ゴムのOリングも多分問題なし、ガソリンフィルター

(写真真ん中の白いまるいやつ) はバイク用が使えそうな感じがします。
問題はポンプのダイヤフラムですが、切り出せば大きめのもので対応出来ないか次回オーバーホール

時は検討してみたいと思います。

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年50才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツインと言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示