スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クーラーガス

段々毎日ムシムシする時期になってきましたが、皆さん車のクーラーのチェックはちゃんとしていますか?
と言う私は、いざエアコンONで外気より暑い温風に見舞われ、先日ほとほと参った次第で、これではいか
んと重い腰を上げて、クーラーのメンテナンスを先日してみました。
因みにクーラー・・・・・古い車はエアコンじゃ~ないです。。。冷やすのみなので(笑)
クーラーのガス配管にはゴムホースを使っているので、徐々にですが、ホースからもリークしますし、その
他つなぎ目からも多少漏れているようで、今回2年で効かなくなってきました。
自分で配管の引き直しや、色々やっているので、2年に1回ガスチャージなら文句は有りません!

車のエアコンは家庭用も原理は同じで、エアコン用のガスをコンプレッサーで圧縮して、その気化熱を利
用して冷気を出す仕組みで、家庭用がモーターを使う変わりに、車は通称ファンベルトを利用してコンプレ
ッサーを回して、圧縮しています。

その車用にもガスが2種類あり、とりわけ旧車はフロンガスを使うタイプが多く、私のピー蔵もこのフロンガ
スR-12と言うのを使用していますが、現在製造中止&販売も確か中止?だったはず。
でも、ないと困るので、探せば有る有る・・・・・・オークションなどでも簡単に手に入りますが、やはり足元
見られていますので、少々御高めで一缶2000円ぐらいが相場のようです。
現代車用の134aだと5~700円ぐらいですから、相当高いですね。
高いといってもいても仕方がないので、オークションで安いの見つけて3本ゲット!
早速クーラーに接続して、ガスを充填してみましょう。

P6022186.jpg


使う道具はこれだけで、右上の缶がフロンガスが入っているサービス缶で、今回購入したガスです。
その下に有るメーターが付いたホースと黄色いホースは、クーラーのコンプレッサーに繋いでガスを充填す
る為の道具で、以前から持っている物で、このメーター付きってほとんど世の中に有りません。
普通はホースと、缶に取り付けるアダプターだけの、粗末な物なのですが、これはちゃんと圧力ゲージが付
いていて、しかもR12でも134aでも使える優れものです。(普通の安物はどちらかしか使えない)

どの様にガスを充填するかと言えば、簡単でコンプレッサーの低圧側に接続して、ガスを入れるだけ。。。。
っといっても、管の中の空気を捨てたり(パージと言う)エンジン回転を少し高めに設定したりと、慣れないと
まごつく事は事実。。。。実際私も2年ぶりのガスチャージなので、やり方を少し忘れてドタバタ(笑)

P6022187.jpg
コンプレッサーのバルブを繋ぐ所。
このタイプだと上側が低圧でSの刻印有り。
S=低圧  D=高圧 他の表記も有るようです。

P6022189.jpg
こんな感じで接続します。
完全に繋ぐ前に少しガスをバルブから漏らし
パージする事をお忘れなく!


繋ぎ終わったら、エンジンを掛けてクーラーは、風力最大で一番冷える位置にしてエンジン回転数は1500回
転ぐらいを保ちドアは開けておきましょう。(クーラーがサーモで止まらないようにするため)
コンプレッサーが作動すると自動的に、ガスがドンドン入っていきます。

P6022188.jpg
 

こんな感じで取り付けていいて、現在ガス注入中!
ゲージを見るとこんな感じで良い感じに入りました。

P6022190.jpg
 

一応グリーンの位置が正常値のガス圧で、入れる前はブルーとグリーンの境目の所に針がいましたが、その
位置だと全く冷えない状態でした。
現在は見事寒いぐらいの効きで、かなり低い設定でないと、この時期は凍えます(笑)

又ガスの入れすぎは、配管などが爆発します!
これは以前に実際に経験していますが、もの凄い事に成りかなり危ないです!
なんで爆発させたかと言うと、その時エアコンのプロの友達とああだこうだとやっていた時、その時はちゃんと
なっているゲージを使って、作業をしていたのですが、2個ゲージが付いていて、低圧側と高圧側がはかれる
ように なっていて、その差を見て、プロはガスを入れたり、コンプレッサーの状態を調べるらしいのですが、
その数値 がおかしい??と言う話しになり、もう少しガス入れてみよう!と少し入れた瞬間に配管が破裂して
飛び上がり ました。。。。。。あとで分かった事は、そのゲージではこのコンプレッサーの正確な状態が測定
出来ない事が あとで分かりました。

プロがいてもこんな失敗をする事が有るエアコンのガスチャージですから、このブログ見てやってみようなん
て人は もっと詳しく書いてある人のブログなどをちゃんと見て下さいね!

怪我をしても当方は関知しません(笑)




テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年51才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツイン(現在ウェーバーに戻った)と言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示