スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汗かきながら小整備を少々・・・・

早いもので、もう7月・・・・・・それにしてもこの湿気なんとかならないものでしょうか?
今年は例年と違い、上空に寒気がいないのでこんな気温と湿度だそうです。
どうりで南国のようなスコールが降ると思いました・・・・・

今日も夕方から、雨などを気にしつつ小整備を3点ほどしました。
この所整備が多ですが、決して調子が悪いわけでなく、怪しい所を少しずっつ片づけて、暑い夏対策と
言うわけで根の生えた腰を上げて、少しずつ作業をしているだけですのでご心配なく・・・・・
って誰も心配しないか(笑)

まずはこの間のクラッチ交換からこっち、少し調子が悪かったセルモーターのメンテナンス。
最近空回りが多くなり、エンジン始動時にウィーン~と鳴れどギヤーに噛まずで、何回かセルを回して
エンジンを掛ける事が多くなってきました。
クラッチ交換前は問題なかったので、思うにニュークラッチディスクに交換したので、当たり面が出る際
には、ダストも出ますから、その辺のゴミが堆積して、問題を起こしているんだと思うので、取り合えず
セルモーターを外してみます。

P7022235.jpg 


このタイプのセルモーターは色々問題が有って、私のはリビルト物に交換しているので、新品同様で
綺麗なのですが、どうしてもゴミなどの汚れに弱い性格が有ります。
始めて見る人は分からないと思いますが、現代のセルとは全然違い、モーターが回転した遠心力で
先端のピニオンギヤーがモーター側に移動します。

P7022238.jpg 

こんな感じで中には螺旋が切ってあり、この溝に沿ってギヤーが移動して、フライホイールの溝に噛む
ようになっていますが、先ほども書いたように遠心力で移動するので、今の車のように電磁クラッチで動く
ものではないので、スムーズな動くが要求されますが、ココはクラッチのカスなども降りかかる場所です
から汚れる汚れる。。。。それがへばりついて動きを渋くします。

P7022236.jpg  P7022239.jpg
左が掃除前で右が掃除後。。。シャフトがドロドロでした。

ココの汚れをパーツクリーナーで、落とすのですがあまりに汚れがひどいので、パーツクリーナーが途中で
なくなり、代用でCRC556でブシューと吹いて、どうにか綺麗にしました。
ただ、CRCはその時は滑りもよくなり良いのですが、すぐに油膜が切れてしまいますので、シリコングリスを
その後にタップリふりかけて、油を入れ替えておかないとギヤーを痛める事になるので注意です。

綺麗になって、渋かった動きもスムーズになったので、エンジンに取り付けて早速テストをしてみましたが、
当然何事もなく、元通りになりました。
ダラダラやっても30分も掛からない作業なので、空回りをする方は一度整備すると良いと思いますよ。

セルが簡単に直ったので、次は片方切れていたポジションランプの交換。
レンズを外して、電球を交換するだけですが、接点がだいぶ黒く腐食しているので、念のためテスターで
電圧を測ってみると、MAX9Vで場所によっては1V。。。。だいぶ汚れて抵抗になっていますから、軽く磨い
て交換しました。
P7022252.jpg  P7022253.jpg


こんな感じに棒ヤスリで綺麗にしていきますが、本当は紙ヤスリなどが良いのですけど、このすき間だと
磨くのも大変なので、棒ヤスリの目の細かいのを使いました。
交換するバルブは確かトランクに、前に乗っていたレガシー用が有ったはずなので、ゴソゴソ探すとすぐ
に見つかり、ましたがだいぶ形が違いますね(笑)


P7022251.jpg


右が新しいバルブ、左が最初から付いていたものですが、こんな丸いの見た事がないかも。。。。でも
接点は同じなので、問題なしで、点灯も問題なですが、車のバルブ(電球)を交換する時は必ず左右で
交換をするようにして、切れていない方はスペアーにするように私はしています。
必ず半年以内に切れていなかった方も、切れるので両方変えた方が安心ですし、スペアーになるので
無駄にもなりません。

本当はこの後にキャブのジェットも交換したんですが、長くなってきたのでキャブの話しは次回にでも書
こうと思いますのでしばしお待ちを。


その後の追加記事です。

シリコングリスを塗っていたピニオンギヤー部ですがどうも音が、がさついていて気になるので通常のグリスを
入れ直しましたら、滑らかな音に替わりました。
どうやら、移動部に遊びが多少あるので、そこから音が出ていたようです。
遊びがある=ガタがある=削れるの法則になるので、グリスをクッション代わりにした方が良さそうです。






テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

バーボンパパさん

そこに来ましたか~(笑)
BH5のGTB乗ってましたです!
その前はGF8のSTiⅡだったのだよ~
実はスバリストだったのですよ。。。。ハッハッハ

Re: No title

赤影さん

ATだとココにダストたまるとお釈迦ですからね!
確かにATでもココで悩んだ人おりましたな~(笑)

No title

へぇ...レガシィ乗ってたんだ....(反応するトコが違うけど)
ウチのレガシィ君はついに10号車になりました。延べ83万キロ、月まで往復しちゃいましたとさ....

No title

なーるほど。
マニュアル車だと結構ピニオン軸に汚れが付くんですね。
ATは歯車減り切るまで大丈夫です(笑)

大丈夫じゃない人もいたケド(笑々)
プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年50才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツインと言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示