スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦利品

気が付けばもう9月になりました。。。。。
でも、全然気温は9月じゃないって、どうなっているんでしょうね?

さて、以前に赤影さんの所で、ブツの受け取りをしたと書きましたが受け取ってきた物はこれ↓↓↓


バンプラ専用のボディーカバーです。
お値段何と980円也(笑)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と書くと買ってきた様ですが、頂いた御礼に昼食を御馳走
しただけですけど、良い物を頂きました。。。赤影さんありがとう御座います!

以前の駐車場はタワーでしたので、雨が直接当たるのもごくわずかで、旧車には良い環境だったのですが
引越をして、現在の駐車場はまさに野ざらし。。。。。
雨漏り対策は完璧にしていますので、ゲリラ豪雨でも雨漏りがする事は有りませんし、元々足車なので雨天
でも走るわけですから、それほど気にはしていませんが、直射日光がやはり問題で5月に引越て早4ヶ月経ち
ますが、明らかに塗装が劣化しているような感じでした。
ボディーサイド部分は、上から再塗装されていますが、ボンネット、天井、トランクはオリジナルのラッカー塗装
のようで、ツヤがない所にこの夏の直射日光で、だいぶ痛んだような気がします。

前々から、「家にいらなの有るからあげるよ」って事でしたので、先日もらってきたのですが、このカバーは内側
が起毛処理されている高級品ですので、汚いボディーのままだと内側を汚してしまいますので、やっと洗車を
したので、お披露目となりました。


P9012421.jpg


上の写真は分かりづらいと思いますが、リヤ側なのですがすっぽりお尻をくるむ構造になっていて、フロント側
の紐を絞ると、お尻も包み込み、すっぽり簡単にセッティング出来る優れものです。

これで、強い紫外線からも守れて、ついでに雨もしのげて一石二鳥です。

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

赤影さん

雨が少し浸みるぐらいは全然問題じゃないですが、ボディーには乾きが悪く良くないので
今度テント用のシームテープでも貼ってみますです。

No title

使っていただけてなによりです。
防水性はかなり良いのですが、縫い目からはさすがに少し浸水していました。
縫い目に蝋でも擦り込んで、全体に撥水スプレーでもかけておけば、
まだまだ充分に使えると思います。
プロフィール

と~る

Author:と~る
1965年12月15日英国生まれの
「バンデン・プラ・プリンセス1100Mk-1」 
またの名をピー蔵!

御年51才!!今でもガンガン走ってたまに壊れたりします(笑)

こんな古い車ですがそれなりに手を入れて、年間1万キロ以上は走っています。
キャブはデロルトFZDツイン(現在ウェーバーに戻った)と言う超マニアックなキャブに換装して、出だしこそ遅いですが、速度に乗ればまだまだ若いもんには、負けません!?

仕事の足としてロケにもガンガン走って取材先ではかなりの人気者(笑)

こんなピー蔵との珍道中を書いてます。

カウンター
カテゴリ
記事検索
検索結果表示が5個ずっつですので   「次のページ」で切り替えて下さい。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

お名前(ハンドル不可):
メールアドレス:       (携帯メール不可)
件名:
本文:

RSSリンクの表示